新型コロナウィルス肺炎にかかってもないのにストレスにやられそうになっていた私を救ってくれたもの。

世界中で猛威を奮っている新型コロナウィルス肺炎。ネット上ではいろんな情報が飛び交い、いろんな規制もできていて、「あー嫌だな。」、「あの人、今咳をしたよね?」と過敏に反応したり。

そんな日常を送って早くも数週間が経った昨日、エクササイズ友達に「It’s been very stressful lately, but life must go on (ストレスの多い最近だけど、生き続けないとね)」と言われました。

当たり前のことを言っているけれど、人生の先輩の言葉は力強く胸に響きます。ニュースに惑わされすぎて忘れかけていた「ヨガの教え」を思い出しました。

そもそも新型コロナウィルス肺炎とは

コロナウィルスの概要

コロナウイルスはRNAウイルスの一種。RNAウイルスの中には、インフルエンザウイルスや麻疹ウイルスなどがあります。風邪の中の10-15%はコロナウイルスが原因と言われており、6歳までにほとんどの人が1回は感染するそう。

心がザワザワした時に思い出したいヨガの教え

これだけ毎日ニュースを見ていれば、当然のごとく私たちは踊らされます。WHOでは中国国内外に広がり、人から人への感染が確定されたことにより「非常事態宣言」がされ、私たちの住むシンガポールでも、日に日に規制が厳しくなっています。

正直言って「ストレスな状況」。

そんな時、冒頭のエクササイズ友達にかけられた言葉に助けられます。そしてヨガの教えに立ち返ってみるきっかけになりました。

ヨガの基本的な考え方「八支則」

ヨガの基本的な考え方に「八支則(はっしそく)」というものがあります。世間で一般的に知られているヨガはアサナ(ポーズ)を取ることですが、それはヨガの一部分であり、ヨガの目的(悟りを開く)に到達するためには、この八支則の教えを知り自分のヨガの実践として取り入れる必要があるのです。

RYT200(全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクター200時間)の資格保有者はヨガの哲学は必須項目で私も資格取得という段階で初めて学んだので、ヨガをしているからと言ってみんながみんな知らなくても生きることには支障はないと思います。

それでも、この考え方を知っていると知らないとでは、断然生き方や暮らし方が変わるなと思っています。(ヨガホリックの私だからかもしれませんが)

ヨガの段階概要
Yama
(ヤマ)
他人や物に対して守るべき行動。道徳的基本。ヤマは以下の5つに分けられます。

Ahimsa(アヒムサ):非暴力。肉体的暴力だけでなく、精神的、言葉の暴力なども振るわない
Satya(サティヤ):誠実であること。嘘をつかない、正直になる
Asteya(アステーヤ):盗まない。他者から盗まないだけでなく必要以上の物を取らない(ミニマルに暮らす)
Brahmacharya(ブラーマチャリヤ):欲望に溺れない。
Aparigraha(アパリグラハ):物質欲にとらわれない、貪欲に物に執着しない
Niyama
(ニヤマ)
自分に対して守るべき行動。精神的に守ること。ニヤマは以下の5つに分けられます。

Shaucha (シャウチャ):自分自身の内側と外側(身体と心)を常に清潔に保つ
Santosha(サントーシャ):必要以上の贅沢をしない。満足感を感じる
Tapas(タパス):鍛錬すること。精神修行
Swadhyaya(スワディヤーヤ):経典や自分自身に対する学びを深め、精神向上を行う
Ishvarapranidhana(イシュワラプラニダーナ):感謝の念、献身的な気持ちをもつ。神への祈念
Asana
(アサナ)
ヨガのポーズ。アサナと共に意識を自分の内側に向けていく。
Pranayama
(プラーナヤーマ)
呼吸法。心と身体を繋げることに意識を向けていく。
Pratyahara
(プラティヤハラ)
感覚の制御。外からの注意を五感から引き離し安定した精神状態に保つように自分をコントロールする。
Dharana
(ダラナ)
集中。完全な自分自身の意識の安定。
Dhyana
(ディヤナ)
瞑想状態。ある対象物に集中することもなく、深い静かな精神でいられる。
Samadi
(サマディ)
深い瞑想と融合しておこる悟りの境地 。至福の喜び。

今の暮らしに役立つヨガの教え

ヨガの八支則全てを実践するのは、正直簡単なことではありません。私もまだまだ勉強中の身。忘れることもたくさんあります。幸運なことに私に思い出させてくれた友達がいたことで助けられました。

事実を受け入れる

普通に考えたら「悪い」と思いがちなウィルスの拡大。それは、もしかしたら今起こるべきこととして起こったのかもしれないし、何かを警鐘しているのかもしれません。
自分を受け入れる鍛錬をしていくヨガの実践の通り、「ウィルスが満映して危ない」という事実を受け止めて、今どうすべきか考えて行動することが今私たちにできる最善ですよね。

今に集中

ヨガに限らず何事も「集中」することで結果は自然とついてきます。

ヨガのアサナを例とするならば、ポーズそして呼吸に集中することでマインドフルネスな状態に持っていけ瞑想状態に繋げられます。瞑想をしない人でも、ヨガのポーズの健康面での効果は、集中しているか、していないかにかかっています。

過去は変えられない。未来はどうなるか分からない。
今にやるべきことをやれば、未来はいくらでも変えられる。今に集中することで、過去の苦い経験が未来では「良かった」と思えるようにきっとなると信じて。

View this post on Instagram

先日、ライター友達からインタビューを受けました。自分がインタビューすることはあっても、インタビューをされることは初めて。お題は『恋愛遍歴』笑 自分の歴史なんて、そんな時間を使いながら振り返るなんてないし、ましてや恋愛についてなんて…小学生の初恋から最後の恋(になる予定)の夫まで、振り返ると色々あったし、その時は「失敗したなー」と思ったこともたくさん。けれど今は最愛の夫と世界一愛らしい娘がいてくれて、だから全部良かったなと。(毎日色々なドラマがあるけれど、それはまた別の話) 過去の悲しい辛い経験は今の怒りや悲しみになって、今の私を苦しめるし、まだ分からない未来は今の私を不安にさせる。 ヨガをしていると「今、いま、イマ!」と散々言われるけれど結局それは、過去は巻き戻しもできないし、未来は誰にもできない。今しかない、だから今に集中しよう。と言うこと。 歴史を振り返りながら、そして未来はどうなるのかと考えてみて、今の一瞬一瞬できることに集中すれば、時間はかかるかもしれないけれど最終結果はよくなるだろうと。 #house_of_emma_ #サステイナブル #サステイナブルライフ #サステイナブルライフスタイル #持続可能な暮らし #シンプルライフ #シンプルな暮らし #夫婦生活 #子育て #ママ #メンタルトレーニング #恋愛遍歴 #マインドフルネス #ヨガ #ヨガのある生活 #ヨガのある暮らし #ヨガライフアドバイザー #ヨギーニ #フリーランス #フリーランスライター

A post shared by House of Emma (@house_of_emma_) on

必要以上を求めない

「いい暮らしをしたい」、「安全に暮らしたい」そんな願いや希望は誰でも持っていること。けれど、その思いが強ければ強いほど、現実との差に「落胆」します。もちろん夢や希望を持つことは前向きに生きていくための糧にもなります。ただしコントロールできるのであれば。「足るを知る」とあるように必要以上求めずシンプルに暮らしていけば、余計な感情にも惑わされりこと少なくなります。

自分のできることからウィルスを拡大を防ぐ

インフルエンザなど風邪の流行期でもある現在は、風邪予防対策として一般的な「手洗い、うがい、食事をしっかりとる、睡眠をしっかりとる」規則正しい生活を心がけることがコロナ肺炎にも有効と専門家の方々は話しています。

  • 人混みには行かない
  • マスクを着用

ピッタマスクスモールモード(PITTA MASK SMALL MODE) 3枚入 3個セット カーキ・グレー・ネイビー各色1枚入
  • 手洗いうがいはこまめに
  • 食事をしっかりとる
  • 睡眠はしっかりと
  • 体調が悪い時は休息を
  • 病気の症状や特徴を知る

新型肺炎の症状や特徴

症状:発熱、咳、筋肉痛
感染経路:接触、飛沫感染(咳や鼻水)
感染者の7割が40代以上
若年層は症状がないこともある
持病(糖尿病、高血圧)がある人は注意が必要

参考:WHO/英医学誌ランセット

身体そして心の健康があってこそサステイナブルな暮らしが実現できる

世の中には、風邪や病気にかかっていない人、また症状が完治したのにも関わらず、「元気のない」人がたくさんいます。様々なバックグラウンドがあり、一概には言えませんが、心に何かもやもやしたものがある、ザワザワしていると言った目には見えないものがあるのかもしれません。

「サステイナブルな暮らし」。それは人間も動物も自然も地球に存在する全てのものがウェルネス(健康を身体の側面だけでなくより広義に総合的に捉えた概念で、米国のハルバート・ダン医師が『輝くように生き生きしている状態(1961)』と定義)であるこだと私は考えています。

今回のコロナ肺炎の件につきまして、亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、被害に合われた方々、ご家族にお見舞い申し上げます。

そして、一人でも多くの方々に、ヨガの教えが届き平和な心が訪れますように。

ABOUTこの記事をかいた人

シンガポール在住8年のライター/Webクリエイター/ヨガインストラクター(全米ヨガアライアンスRYT200保持)。3歳の娘 Emmaと夫と3人暮らし。Webを中心に、ファッション、ビューティー、ライフスタイル、旅行など幅広いジャンルに関する情報を発信。現在はWEBクリエイターとしてWEBサイトを運営、取材、執筆活動を行う傍ら、RYT200(Registry ID: 301558)を活かしシンガポールを中心にヨガインストラクターとしても活動中。