初心者から上級者までおうちの練習にも役立つ!ヨガ講師がおすすめするヨガプロップス

おうちでヨガをする人の人口がめきめき増えていますが、皆さんはヨガのプロップスは使用していますか?

ヨガのプロップスとは、ポーズを補助してくれる道具のこと。ヨガベルトヨガブロックボルスターなどがそれにあたります。

ヨガスタジオであればレンタルできるけれど、おうちで練習するのにわざわざ買いたくないという方も多いかもしれません。けれど、使用することで練習を深めてくれるのがヨガプロップスです。

怪我を防いだり体調に合わせた練習ができたりレベルアップさせてくれるのに役立つヨガプロップスは、これからもヨガの練習スタイルの主流として残ると言われるオンラインヨガの時代に持っていて損はないはずです。

ポーズがもっと楽に取りたいという方、もっとヨガのポーズを深めたいという方などの参考になれば嬉しいです。

ヨガプロップスとは

Photo by Louise Vildmark on Unsplash

ヨガプロップスって何?

「もう少し身体が柔らかければ」、「しっかりとヒザを伸ばしたい」「ポーズに安定感がほしい」など感じたことはありませんか?(わたしはしょっちゅう感じています。)

そんな時に役立つのが”プロップス”です。

プロップスとは、ヨガをする際に使う”補助道具”のこと。

ヨガ経験年数やスキル、身体の柔軟性、筋力に関係なくヨガのポーズを深めることができます。

わたしとヨガプロップス

ヨガの経験年数が長い方によくありがちなのが、「補助具を使いたくない」ということ。わたしがまさにそうでした。補助具に頼らなくても、わたしは自分でポーズができるとよく過信していました。

けれど、ヨガの目的は、ポーズを実践して心身のバランスを整えること。体が準備ができていない状態、もしくは生まれつきの体の骨格やバランスを無視しポーズをとることは時に怪我を招いてしまうこともあります

ヨガの練習歴が長い方であってもそれは変わりありません。何せ5000年以上の歴史があるヨガは、もともとはインドの男性修行僧が練習したいたもの。性別も国籍も違う人々と、わたしの体は違うのだから、補助してもらった方が練習が深まる場合もたくさんあるということに、気づきました。

【公式】スポーツ用品総合通販ならスーパースポーツゼビオ

プロップスを使用するメリット

Photo by Elena Kloppenburg on Unsplash

怪我を防ぐ

プロップスを使用することは、”ミスアライメント”を防いでくれます。ミスアライメントとは正しい姿勢でポーズ取れていないこと。これは、柔軟性だったり、筋力が足りていないなどの理由が考えられます。

ミスアライメントを続けることは、体に負担となり怪我につながります。体がまだ準備できていない状態のまま、無理にポーズをとることになるので当たり前ですよね。

ヨガを実践することを効果的にするためにも安全第一。そんな時にプロップスは役立ちます。

ポーズを深められる

「もっと柔軟性があったら」、「もっと筋力があったら」…など、あなたの「もっと」を可能にしてくれるのもプロップス。

補助なしの場合よりもより深い効果や気付きがあるかもしれません。補助があれば、自分が「無理だ」と思っていた域まで広げられることも。

レベルアップにつながる

プロップスを使用することは、使用しないことよりも、より早く効率的に上級ポーズをとることができるようにサポートしてくれます。

ポーズを完璧にとることがヨガの目的ではありませんが、レベルアップすることはヨガを続けるモチベーションにもつながると言う方はプロップスを積極的に使用するのがおすすめです。

おうちにあると便利なヨガプロップスはコレ!

ヨガブロック

ヨガブロックは、長方形の形をしたブロック。ヨガブロックを使うと土台が安定します。またポーズバランス感覚や体幹強化・呼吸や集中力が深まるなどいいこと尽くし。

ポーズによって、ブロックの補助が一つ必要な場合と2つ必要なこともあるため、最低2つは揃えておくことがおすすめ。

選び方のポイントは、重さ。木製のブロックは安定感があるのですが、使い方によっては重すぎてしまうことも。

例えば、わたしは写真のように股の間に挟んで、シルシャーサナ(三点倒立)の練習をすることがあるのですが(脚を閉じることを意識するため)、重いものだと負担になります。

こんな練習におすすめ

ヨガブロックの代表的な使用例として「もう少しで床に手が届くのに…」と言った時に活躍します。

  • ウッターナーサナ(深い前屈のポーズ)
  • トリコナーサナ(三角のポーズ)
  • ローランジ

▼おすすめヨガブロック

安価で軽いヨガブロックでおすすめなのがデカトロンの製品。「安いものだと長持ちしないのでは?」とわたしも最初は思っていましたが、かれこれ2年以上使っています。娘のおもちゃとしても扱われることがありますが、耐久性はバッチリです。

KIMJALY ヨガ フォームブロック DOMYOS (ドミオス)

ヨガベルト

ヨガベルトは細くて平たいベルト状のプロップス。

身体の柔軟性の補助としておすすめです。初心者の方はもちろん、上級ポーズに挑戦する時も役立ちます。

こんな練習におすすめ

身体の柔軟性を高めたい人、また可動域を広げて身体の上級者ポーズへの挑戦をしたい人にはヨガベルトがおすすめ。

  • スプタパダングシュターサナ(横たわった足の指をつかむポーズ)
  • キングピジョン(鳩の王のポーズ)
  • ナタラージャーサナ(踊り子のポーズ)

▼おすすめヨガベルト

100%天然・無漂白のコットンを使用した、肌の弱い人にも安心のヨガストラップ。汗をかいても滑りにくいので練習にも集中できます。

Manduka (マンドゥカ)ヨガベルト

ボルスター

ボルスターは長方形や円形のクッション。一般的なクッションよりも弾力のある程よい硬さで、広範囲にわたって身体を支えてくれます。

ヨガブロックやヨガベルトに比べると高価なプロップスのため、購入に迷うという方もいますが、ボルスターは女性系の不調にヨガでアプローチしたい方などにはおすすめのプロップスです。

こんな練習におすすめ

ボルスターはポーズの補助として以外にもリラックス効果の高いセラピー要素の強いヨガ”リストラティブヨガ”などによく用いられます。自宅での活用方法は、瞑想や女性系の不調にアプローチするような練習する際におすすめ。

  • 仰向けに寝た合蹠のポーズ
  • チャイルドポーズ
  • 瞑想

▼おすすめボルスター

エコ素材を使ったサステナブルなヨガブランドのManduka (マンドゥカ)のボルスターは、耐久性にも優れて洗濯可能なので、いつまでも長く使うことができます。

Manduka (マンドゥカ)ボルスター

プロップスを上手に活用してみよう

プロップスを使うことは「かっこ悪い」なんて思っていた時期もありました。

わたしがプロップスを使い始めたのは、RYT200の資格取得のための合宿がキッカケでした。どんなポーズでもあたかも簡単にとれる指導者の先生が「プロップスが大好き」と言う話をしてくれたことが印象的で、試しに使ってみたらポーズの深まり具体が全然違ったのです。

ヨガの練習をする目的はそれぞれだと思いますがポーズを深めていくことで、体はもちろん心も前向きに変化していきました

体と心はつながっているというのは本当だとヨガの練習をしていると日々感じます。

ヨガの練習を深めたい方や、また体や心の前向きな変化を望んている方は、ヨガのプロップスを練習に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

シンガポール在住8年のライター/Webクリエイター/ヨガインストラクター(全米ヨガアライアンスRYT200保持)。4歳の娘 Emmaと夫と3人暮らし。Webを中心に、ファッション、ビューティー、ライフスタイル、旅行など幅広いジャンルに関する情報を発信。現在はWEBクリエイターとしてWEBサイトを運営、取材、執筆活動を行う傍ら、RYT200を活かしシンガポールを中心にヨガインストラクターとしても活動中。