ヨガ哲学入門編:「ヤマ」・「ニヤマ」って?サステイナブルとの関係

ヨガの教科書や哲学書に必ず出てくるのが「ヨガの八支則」。これを知っているか知っていないかで、かなり人生って変わるんじゃないかなと個人的に思ってます。これサステイナブルにも繋がるんですよ。

ヨガが好きな人、サステナブルな暮らしをしたい人、またこれからの生き方を模索中の人におすすめ「ヨガの八支則」の中から、最初の二段階の「ヤマ」「ニヤマ」について解説します。

そもそもヨガって何?

ヨガはサンスクリット語の「ユジュ」から由来する言葉。その意味を日本語にすると「結合」「繋がり」を意味します。

この「繋がり」とは、心と体、魂が繋がっている状態

呼吸、姿勢、瞑想を組み合わせて、心身の緊張をほぐし、心の安定とやすらぎを得るもの。

ヨガの八支則

ヨガの本来の目的は、心と体、魂が繋がっている状態にして「悟り」を開くこと。

では「ヨガのポーズを練習して悟れるのか?」…もしかしたら、そんな人もいるのかもしれませんが、みんながみんなそうであれば、地球はもっと平和な星なはず。

この悟りを目指すために、賢者パタンジャリ先生は「ヨガ・スートラ」というヨガの教科書の中で、ヨガを8つのステップに分けました。

それが「ヨガの八支則」。

この八支則を知って、暮らしで実践することで、ヨガのポーズを深め、ポーズ一つ一つの効果を体に浸透させることにも繋がると私は考えています。

ヨガの八支則

一段階目: ヤマ=禁戒(きんかい)
慎むべきこと。

二段階目: ニヤマ=勧戒(かんかい)
やるべきこと。

三段階目: アサナ=対位法
ポーズ。

四段階目: プラーナヤーマ=呼吸法
呼吸法。生命力(プラーナ)をコントロール。

五段階目: プラティヤハーラ: 制御
意識的に動作を鎮める。五感を内に向かわせ瞑想に入ること。

六段階目: ダーラナー: 集中
集中。

七段階目: ディヤーナ: 瞑想
集中していた意識が同化。自然と自分の境界線がなくなり一体化する。日本では「禅」とされる。

八段階目: サマディ: 三昧
全てから解放された状態。悟りの境地。

ヤマ・ニヤマは道徳

ヨガの八支則の中の最初の2ステップが「ヤマ」「ニヤマ」。日本の教育でいうところの、道徳のようなもの。ヤマは”してはいけないこと”、ニヤマは”するべきこと”。これらは、普段の生活の中で活かせるヨガの教え。つまり『暮らしのヨガ』です。

ヨガをすることは、ヨガウェアを着てヨガマットをひいて、「さぁ!ヨガをするぞ!」と意気込むだけではなく、家族と過ごしている時も、オフィスにいる時も、家事をしている時も、街にいる時も、家にいる時もいつだってできる。それがヤマ・ニヤマです。

ヤマ: してはいけないこと

アヒンサー(非暴力)いかなる生きとし生けるものも殺してはいけない。行動、言葉、思考のレベルで他者に暴力をふるってはいけない。誰に対しても怒りを抱かないこと。
サティヤ(正直)嘘をついてはいけない。
アスティヤ(不盗他人の物、時間、信頼、権利、利益などを盗んではいけない。自己中心的な行動はしてはいけない。
ブラフマチャリヤ(禁欲)生命エネルギーは必要なところに集中させること。
アパリグラハ(不貪)貪欲さを捨てること。贈与を受け取らないこと。

ニヤマ: するべきこと

シャウチャ(清浄)自分の身体と心をいつもきれいな状態に保つこと。
サントーシャ(満足、知足)今あるものに、常に満足すること。
タパス(苦行、自制)精神鍛錬のために困難なことを実行すること。または、人間として生きていく限り避けられない人生のさまざまな問題や試練を受け入れる強さを培うこと。
スヴァディアーヤ(読誦、学習、向上心)心を調える働きを持つ書物(聖典、マントラ、名著、人格者が書いた本、本質的なことが書かれている本など)を読むこと。
イーシュワラ・プラニダーナ(自在神記念、信仰)唯一絶対なる存在(宗教では”神”と表現される)に信仰心を持ち、それに祈りを捧げること。自らに備わっている神性を信じること。

ヤマ・ニヤマはサステナブルに繋がる

ヤマ・ニヤマの教えは全てサステナブルに繋がります。

例えば、ヨガをしている人にベジタリアンやビーガンが多いのは「アヒンサー(非暴力)」を守っていことが挙げられます。とは、言え体に嘘をつくことは「サティヤ(正直)」に反するためみんなが菜食主義なわけではありませんが。

また、「アステヤ(不盗)」を守れば、人の幸福や健康を奪う世の中にはなりません必要な人々に平等に食糧やモノが渡る世の中にもなります。

「サントーシャ(満足、知足)」を知れば、今あるものだけで充分幸せということにも気づけます。

最近は、サステイナブルやエシカルが流行化してしまい、規定がないことをいいことにどの企業も「”サステイナブルな”商品です!」と謳っていますが、謎のものを購入するよりも今あるもので満足して、それを大切に長く使うことを私は選びたいなと思っています。

できることからコツコツと。それが人と地球に優しい暮らしに繋がることを信じて

10個全てを同時に実践するのはそう簡単なことではありませんが、自分のできることや共感できる教えから始められたら、もっと今良い私になれ、社会全体がもっとサステナブルになるのではないのかなと私は思っています。

ヤマ・ニヤマの教えが、一人でも多くの人が、今もっと良い私になれるキッカケになれば嬉しいです。

私のおすすめヨガの教科書「ヨガ・スートラ」

ABOUTこの記事をかいた人

シンガポール在住8年のライター/Webクリエイター/ヨガインストラクター(全米ヨガアライアンスRYT200保持)。4歳の娘 Emmaと夫と3人暮らし。Webを中心に、ファッション、ビューティー、ライフスタイル、旅行など幅広いジャンルに関する情報を発信。現在はWEBクリエイターとしてWEBサイトを運営、取材、執筆活動を行う傍ら、RYT200を活かしシンガポールを中心にヨガインストラクターとしても活動中。