自然に優しい食生活をヨガ的に考えてみると? #わたしのサステナブルウィッシュ

2021年の1年間を通して地球と人に優しい習慣を身につけるための【サステイナブルウィッシュ】

今回の #わたしのサステナブルウィッシュ での挑戦は、自然に優しい食生活の実践。「自然に優しい」と聞くと最初に思い浮かべるのが「ヴィーガン」「ベジタリアン」と言った食スタイルかもしれません。

ここ最近、SDGsが広がったことにより日本でもヴィーガンやベジタリアンといった言葉が日本でも耳にする機会が増えたのではないでしょうか。コンビニなどでも”卵・牛乳を使わないプラントベースプリン”などが売っているようで、かなり身近に感じられるようになりましよね。

肉食が自然環境に与える影響は様々なことで研究データで明らかになっていて、自然環境破壊の側面”だけ”で見てみると肉食は控えることがベターな選択と言えるかもしれません。

自然環境のことを考えた行動はとても素晴らしいこと!とは言え、わたしは自分の体験からも勉強せずに「とりあえず動物性を避ければいい」「野菜を食べて、タンパク質は豆から摂取したらいい」と単純に考えることはNGだと思っています。人によっては、いきなり大きく食生活を変えるリスクを伴う可能性があると感じているから。

また、アーユルヴェーダでは、食べたものは体そして心にも作用すると考えられていて毎日のお食事はかなり重要です。ですので、自然の一部であるわたしたちの体と心のことを考えることもサステイナブルの一部だとわたしは思っています。

この記事はこんな人におすすめ
・ベジタリアンやヴィーガンの食生活に興味のある人
・健康に気を使っていきたい人
・サステナブルな暮らしに興味のある人
・ヨガやアーユルヴェーダに興味のある人

わたしは医師や医療関係者ではありません。以下の情報は、医学的なアドバイスや個人的なアドバイスとして解釈されるべきものではありませんのでご留意下さい。これらの情報は、わたしがヨガインストラクター、アーユルヴェーダアドバイザーとして、また個人的に長年にわたって自分の健康状態に合わせて学んできたもので知識です。気になる症状がある場合、健康補助食品を取り入れる際は必ず医師に相談し自分に合っているかどうかを確認して下さい。

ヴィーガン・ベジタリアンって何?

ヴィーガンとベタジリアンの違い

そもそもヴィーガン・ベジタリアンとは何かについて、最初に簡単に説明すると以下のようにまとめられるかと思います。

ベジタリアン
(菜食主義)
肉や魚を食べない
ヴィーガン
(完全菜食主義)
・肉や魚、卵や乳製品も食べない
(鰹出汁やはちみつなども含まれる)
・日用品や衣服から化粧品まで、動物実験されたり動物由来の成分を含んだりする商品の購入や使用、娯楽のための動物の利用(動物園や水族館)もしない

その他にも、基本的にベジタリアンだが、たまに肉や魚を食べる”フレキシタリアン”や、肉は食べないが、魚は食べる”ペスカタリアン”と呼ばれる野菜生活中心の食生活をする人もヴィーガンやベジタリアンの仲間とされています。

ヴィーガンとベタジリアンが注目されている理由

ヴィーガンやベジタリアンになる背景は人それぞれですが、日本でこうした食生活スタイルを選択する理由の多くは、主に3つと考えられるのではないでしょうか。

  • 動物愛護のため
  • 健康のため
  • 環境保護のため

中でも、今日本でヴィーガン・ベジタリアン食生活スタイルに興味を持っている人、実際にはじめている人の多数が「環境保護のため」を理由にしていると思われます。

肉を生産する畜産の過程で、地球温暖化に影響する温室効果ガスが多量に排出されていることが数々の研究で明らかになっているのはご存知の方も多いかもしれません。特に牛はメタンガスを排出するため、それが環境に悪影響を及ぼしていると言われています。

ただし実際は牛自身が問題はないとも言われています。檻に閉じ込めることでガスも閉じ込めてしまう飼育方法や、餌である大豆などの大規模農業やそれに伴う農地開拓などが問題されています。

つまり、産業的な畜産のあり方が根本的な課題ということですね。

自然に優しい食生活をヨガ的に考えると?

ヨガ=ヴィーガン・ベジタリアンではない

「ヨガ」と言うと「ベジタリアンですか?」「ヴィーガンですか?」と聞かれることも海外では一般的なコミュニケーションの一つです。

また「違います」と言えば、「そうですか」と特に驚かれることもありません。

ヨガの教えである八支則で説かれている『非暴力(アヒンサー)』を参考に「動物への暴力をしない」とヴィーガン寄りのベジタリアンの方も多くいるのは間違いではないかもしれません。

けれど、「ヨガをしているから、ベタジリアン・ヴィーガンにならなくてはいけない」とは言われていません。(ヴィーガンだけの流派というのもあるにはありますが。)

消化できる食べものを選ぶ

ヨガと姉妹関係にあるアーユルヴェーダでも、またヴィーガン・ベジタリアンになることが絶対とは言われていはいません。例えば、アーユルヴェーダの中で奇跡のオイルと言われているギーはバターから作られていて動物性の食品になります。

スリランカ産 100% グラスフェッドギー (200g) Clarified Butter

アーユルヴェーダで重要なのは”自分の体が消化できる食べ物”を選ぶこと。

お肉は消化に負担をかかることは、多くの方もご存知かもしれません。実際「ステーキ食べたら、胃もたれが…」なんて経験がある方も多いのでは?

もちろん、焼き肉やらステーキやらお肉を食べて消化できる方もいるかもしれません。けれど消化力は人それぞれ異なります

もし仮に、消化力が落ちている時やもともと消化力が高くない時にお肉など消化に負担のかかる食べ物を口にして、消化できずに体の中に溜めておけば、老廃物→毒素となって様々な不調につながる可能性も。

それは結局は、わたしたちにとって優しくないですよね。

ですので、アーユルヴェーダではお肉を食べる食べない以前に、自分が消化できるものを食べものを選ぶことが重要となるわけです。

生き物は生命力溢れる生き物から命を分けてもらう

わたしが「大切にしたい」と思っているアーユルヴェーダの考え方に、”生き物である人間は生き物から命を分けてもらう”というものがあります。更に言うと”生命力の強いもの(命のあるもの)”をいただくことが私たちのエネルギーになるというもの。

その考え方をもう少し深く掘っていくと、食べ物が育った環境などが重要ということにたどりつきます。

例えば、大量生産のためにせまい檻の中でギューギューづめになった状態で育てられてた動物は、愛情が少ない環境下の上、想像しただけで動物たちのストレスレベルが高いことが分かります。それって活力溢れていることからかけ離れていますよね。

そういった環境下で育った食品をわたしたちの体の中に取り入れることはホルモンやら薬品やらの影響以前に、動物たちのストレスなども体の中に入れることにつながると言われています。

ですので動物性の食品を摂る場合は、大量生産のためにホルモンやら薬品づけにされた安価なお肉ではなく、ファーマーからしっかりと愛情を注がれている動物(放し飼いやグラスフェッド、オーガニックなど)であること○。

自分に必要な分だけ食べる

ヨガにおいても、アーユルヴェーダおいても、重要な考え方が”中庸”です。

不貧(アパリグラハ)が揺るぎないものとなったとき、自らの生の原因と様態が余すところなく照らしだされる。

抜粋: ヨーガ・スートラ2章39節

私たちは常に周りからあらゆるものを分けてもらって生きています。二酸化炭素の量が多くなればバランスをとるために気温は上がりますし、多くのお肉を生産するための大規模農業のために森林を伐採すれば生態系はバランスをとろうとします。

どれかが異常に多くなったり少なくなることで、自然がバランスが崩れるように見えるかもしれませんが、もしかしたら自然は自分の身を破壊しながら、バランスをとろうとしているのかもしれないなとも最近よく考えます。新しい何かを生み出すために。 世の中は「創造・維持・破壊」のサイクルを繰り返しています

もし、今あるものを大切にしたいのであれば、必要以上に貪らない。そうすることで、持続可能になっていくのではないでしょうか。

ヨガスートラ

答えは自分の中にある

大好きな宮崎駿先生の作品で、漫画版(映画版ではなく)『風の谷のナウシカ』の中に、「食べるも食べられるも、この世界では同じこと…」というセリフがあります。

ここ数年ヨガを深めていけば深めていくほど、人は自然の一部であるという意識がはっきりしていきて、このセリフの意味がしっかりと感じられるようになりました。

風の谷のナウシカ 全7巻箱入りセット

たまたまわたしは人間に生まれてきて自然の流れでお肉を口にするようになりました。一度はお肉を口にすることをやめましたが、現在も週に何度かはお肉を食べています。

「人は肉を食べないでも生きていける生き物だ」と考える人もいたり、「自己流ベタジリアンは危険だ」と考える人もいたり(わたしは後者)、自然と地球に優しい食生活の実践というのは、答えは人それぞれなのだと思います。

わたしは今の段階では週に何度かお肉を口にする方が、体の調子は良いと感じているしこれからも無理にベジタリアンやヴィーガンになろうとは思っていません。

探そうと思えば必要以上に情報が錯乱する世の中です。わたしは「もしかしたら前世ではお肉を食べる種族の生き物だったのかも…?!」なんて考えることもありますが自分の答えはおそらく自分の中で見つけることが一番迷いがないかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

シンガポール在住8年のライター/Webクリエイター/ヨガインストラクター(全米ヨガアライアンスRYT200保持)。4歳の娘 Emmaと夫と3人暮らし。Webを中心に、ファッション、ビューティー、ライフスタイル、旅行など幅広いジャンルに関する情報を発信。現在はWEBクリエイターとしてWEBサイトを運営、取材、執筆活動を行う傍ら、RYT200を活かしシンガポールを中心にヨガインストラクターとしても活動中。