ナチュラルクリーニングにチャレンジ!おうちはピカピカになった? #わたしのサステイナブルウィッシュ

2021年の1年間を通して地球と人に優しい習慣を身につけるための【サステイナブルウィッシュ】。3月ももう終わるこのタイミングで2月の結果を報告します。(3月はもう少し早くアップできるといいなと思いつつマイペースなので期待しないで下さい。)

2月にウィッシュ(願い)は、ナチュラルクリーニング習慣。2月は、私の住むシンガポールは旧正月もあり日本で言う年末の大掃除の時期にあたるためちょうどよいと思いこのウィッシュを設定しました。

結果を先に言ってしまうと、とても良い…けれどナチュラルクリーニングは習慣にしないと持続可能(サステイナブル)ではない!ということがよく分かりました。

ナチュラルクリーニングの基礎知識

ナチュラルクリーニングって何?

『ナチュラルクリーニング』とは、自然由来の安心素材を使ったお掃除方法。

もはや、説明不要かもしれませんが、自然由来の天然成分でお掃除することは、環境にやさしい!そして手肌に触れても害がないため、小さな赤ちゃんやペットがいる家庭も安心して使えるというメリットがあります。

ナチュラルクリーニングで使用するもの

ナチュラルクリーニングで使用する素材は5つ。

  1. クエン酸
  2. 重曹
  3. セスキ炭酸ソーダ
  4. 過炭酸ナトリウム
  5. アルカリ電解水

一般的に市販されている掃除用洗剤は、すでに”キッチン用”、”お風呂場用”、など用途によって売り出されていますが、これは”酸性”か”アルカリ性”によって分けられているそう。

落としたい汚れの性質に合わせて使い分ける必要があります。

ナチュラルクリーニングで使用する5つの洗剤は、クエン酸が酸性その他4つがアルカリ性の性質を持ちます。(下のものほどアルカリ性が強い)

酸性素材とアルカリ性素材の使い分け

水回りには酸性素材を

酸性のクエン酸は、アルカリ性の汚れに効果絶大。アルカリ性の汚れとは、水垢・石けんカス・尿石黄ばみなど。その他にも、抗菌効果なども期待できます。

風呂場、トイレ、水回りにはクエン酸が大活躍!

身の回りの汚れにはアルカリ性

アルカリ性の素材が得意な汚れが、酸性汚れ。例えば、油汚れ皮脂汚れ

焦げ付き食べ物の汚れ黒ずみなども含み、キッチン周りをはじめ家中のいろんなところに見られる汚れを落とすならアルカリ性。

『クエン酸』と『過酸化ナトリウム』を利用したナチュナルクリーニングのやり方

ズボラなのですが、意外とお掃除はちゃんと毎日やる派なので、今回の大掃除では普段は見て見ぬ振りをしてきた汚れに集中することにしました。

今回、私が使用した素材は、酸性の『クエン酸』とアルカリ性の『過酸化ナトリウム』です。

水回りの汚れには『クエン酸』

健康・美容食材やドリンク、また入浴剤などによく使用されているクエン酸の正体は、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の果物などに含まれる成分。

このクエン酸を体に摂取することで、疲労回復・血流改善・美肌効果などの効能が期待できると言われています。

では、お掃除の場面ではどんな効果が期待できるのでしょう。

前述したとおり、酸性のクエン酸。酸性には強力な除菌殺菌漂白などの効果が期待できるそう。具体的には、水垢・石けんカス・尿石・アンモニア臭・抗菌などに効果的。

クエン酸は色々な使い方ができますますが、とても簡単なのが『クエン酸スプレー』。ズボラな私でも簡単に作ることができるので、おすすめです。

created by Rinker
シャボン玉石けん

クエン酸ナチュラルクリーニングは『クエン酸スプレー』を作るのがおすすめ

クエン酸スプレーの作り方

準備するもの
・クエン酸:小さじ1
・水: 200ml
・スプレーボトル

作り方
・スプレーボトルに水200mlにクエン酸小さじ1杯入れ、混ぜて完了。

注意事項
塩素系洗剤と混ぜると危険
・目に入ったらすごく痛い
・大理石に使うと溶ける
・鉄や銅に使うと錆びる

水回りの汚れに、このクエン酸スプレーを吹きつけるだけでも十分効果的。

けれど、クエン酸スプレーをただ吹き付けるだけだとお掃除しにくい汚れもあります。(見て見ぬ振りをしてきた汚れは頑固。)

しばらくクエン酸スプレーをつけ置きする必要のある箇所には、『クエン酸パック』がおすすめ。

クエン酸スプレーの裏技『クエン酸パック』

準備するもの
・クエン酸スプレー
・バンブーキッチンペーパー

使い方
① 水垢など頑固な汚れにバンブーキッチンペーパーをかぶせる。
② キッチンペーパーが湿るまでスプレーを全体に吹きかけ「パック」。
③ 汚れの頑固さに合わせて放置。
④ パックを剥がして、スポンジでこする。

私は洗面所の鏡に水がはねてついた水垢を昨年6月に引っ越してから放置していたり、以前の住民の方が「全く掃除をしていなかったのでは?!」と思うほどの食器の水切りカゴの受け皿だったため一晩置きました。

油汚れ・皮脂汚れには『過酸化ナトリウム』(オキシクリーン)

アルカリ性の性質を持つ『過酸化ナトリウム』。かなり強いアルカリ性の性質を持ちます。私がこれを使っているのは、たまたま自宅に『オキシクリーン』があるから。

オキシクリーンは、コストコ発祥の超万能洗剤で日本の主婦の方の間でも一時期話題になり人気商品なので、使用している方も多いかもしれませんね。そして我が家にオキシクリーンがある理由は、シンガポールでも大人気だから。

オキシクリーンは2種類

日本で購入できるオキシクリーンは2種類。アメリカのものと日本のものです。両者とも主成分は過酸化ナトリウム。では、2つの違いは?

アメリカのオキシクリーンには、界面活性剤と柔軟剤が含まれています。界面活性剤は汚れを水に溶けやすくし、泡立ちをよくする働きがあり洗浄力がアップ。

一方、日本のオキシクリーンは、必要最低限の成分しか配合されていない、シンプルな洗剤。

汚れ落ちはアメリカのものには劣ると言えると思いますが、肌や環境に優しいのがポイント。

”地球と人に優しいお掃除”というそもそものナチュラルクリーニングの意味を考えると、日本のオキシクリーンはそれにかなっていますが、汚れ落としのちからが強いのはアメリカのもの。

オキシクリーンを使ったナチュラルクリーニングは『オキシ漬け』と呼ばれます。とてもシンプルなのですが、ポイントを押さえておかないと効果が発揮されないので注意しましょう。

オキシクリーニンナチュラルクリーニングは『オキシ漬け』

オキシ漬け』の作り方

準備するもの
・40℃のお湯
・オキシクリーン

オキシ漬けの作り方
・お湯10リットルに対してオキシクリーニンの中に入っている軽量スプーンのライン目盛り2個分の粉末を混ぜる(量は目安なので、 お掃除箇所によって調整して下さい)

注意事項
作った溶液をつけ置きして使用する場合が多いオキシクリーンは、オキシクリーンがお湯に溶けると主成分の過炭酸ナトリウムがどんどん分解され、6時間程経つとで完全に分解されます。オキシ漬けは効果が出始める20分〜最大でも6時間を目安に使い切るようにしましょう!

オキシクリーンは”つけ置き”が基本

オキシクリーンのナチュラルクリーニングはつけ置きが基本。私が今回使った箇所は、頑固な油汚れでお馴染みの換気扇。シンクに40℃のお湯をためて換気扇をつけ置き6時間しました。(ちなみに換気扇の素材によってはオキシクリーンが使えない換気扇もあるようなので、事前に調べて下さいね)

十分な時間つけ置きしたら、手袋をしてスポンジで汚れを落とします。

スポンジはかなり汚れるので、捨てても良いものを使うのがベター!

なるべく換気扇周りの見える部分は毎日拭き取りだけでもお掃除をしていましたが、オキシ漬けでかなりスッキリしました。

オキシクリーンは洗濯用洗剤としておすすめ

オキシクリーニンは、掃除だけでなく洗濯用洗剤としても使うことができます。もともと私が使っていたのは、夫の真っ白シャツを洗う時の洗剤として利用していました。

漂白効果もあるので、食べ物や飲み物のシミ・黄ばみ・黒ずみなど、頑固なシミをしっかり取ってくれるので、これはだいぶおすすめ。

除菌効果もあるので今年で40歳になる中年おじさんのシャツはいつでも爽やかです。

ナチュラルクリーニングをした結果は・・・?

100%汚れを落とすのは難しい

自分の名誉のために言わせて下さい!私、掃除には毎日ベストを尽くしています!笑

ズボラなのですが実は結構潔癖症なところがありまして、普段からお掃除しておうちは清潔さを保っていたい私なのですが、シンガポールで賃貸だと前の住人の方の汚れがそれはもうたくさんあるので汚れは100%落ちません。(100%の基準は人それぞれ違うと思うのですが)

ナチュラルクリーニングはやはり掃除用洗剤に比べると、今まで放置していた頑固な汚れを落としピカピカ新しいもの生まれ変わることは難しいと思います。

時間もかかる

また結構時間もかかります。掃除の作業一つ一つはそこまで大変なものではありませんが、汚れの頑固さによって、放置時間が長くなります。

放置している間は別のことをしていればいいだけなので全く苦ではありませんが、忘れっぽい方はタイマーをセットして後処理をお忘れなく!

ナチュラルクリーニングを成功させるには

つまり、ナチュラルクリーニングを成功させるポイントは、毎日のお掃除を丁寧にすること!

あまりに当たり前でシンプルすぎる結論ではありますが、お掃除を習慣にして毎日清潔さと綺麗さを保っていれば、いざ大掃除する時に強力な洗剤を使う必要性はなくなるのではないかなと思います。(むしろ大掃除の時間をとる必要もなくなるかもしれません)

忙しい毎日の中で、細かいところを毎日お掃除するのは決して簡単なことではありませんが、できるようにするために何をすればいいかまずは考えてみることが大切。

私は、まずは月に2回は細かいお掃除をする日を作ってみようと思います。

おうちが清潔できれいだと、気分はいいしもっともっと愛着が湧いて素敵なおうち時間が過ごせるようになります。

お掃除好きな方も、苦手な方も参考になれば嬉しいです。

▼ナチュラルクリーニング初心者の方は是非、本を参考にコツをつかんでみるのがおすすめ。お掃除が楽しくなるかもしれません!

ABOUTこの記事をかいた人

シンガポール在住8年のライター/Webクリエイター/ヨガインストラクター(全米ヨガアライアンスRYT200保持)。4歳の娘 Emmaと夫と3人暮らし。Webを中心に、ファッション、ビューティー、ライフスタイル、旅行など幅広いジャンルに関する情報を発信。現在はWEBクリエイターとしてWEBサイトを運営、取材、執筆活動を行う傍ら、RYT200を活かしシンガポールを中心にヨガインストラクターとしても活動中。