”新しいものは何も買わないチャレンジ”で気づいたこととは? #わたしのサステナブルウィッシュ

2021年の1年間を通して地球と人に優しい習慣を身につけるための【サステイナブルウィッシュ】。4月は私と夫の誕生日ですが、あえてこの月に掲げたウィッシュが”新しいものを何も買わないチャレンジ”

このチャレンジに挑戦してみて本当に良かったと思うのは「今あるもので私は充分満たされているんだ」と改めて気づいたこと。わたしって、もうすでにとっても大切なものに囲まれているようです。

今回は、生きていくために必要なモノ以外は全て買わないことにしました。食べないと生きていけなので食材はもちろん購入。トイレットペーパーなどの消耗品も買うことにしたのは私のチャレンジであって、夫と娘を巻き込みたくなかったからです。

新しいモノを買わないのが人と地球に優しい理由

Photo by Thought Catalog on Unsplash

お財布に優しい

新しいモノを買わないようになった”浪費”がなくなりました。暮らしていくために必要なモノ以外は買わないので自然とお財布を手に取る回数は減ります

お金を使うことが決して悪いことではありません。けれど、もう何年も前からエココンシャスの人たちが口を揃えて言っている「消費は投票」という言葉があるように一生懸命働いて稼いだお金の使い方を見直すきっかけになりました。

今あるモノを大切に使う気遣いができる

現代は100円(シンガポールでは2ドル/160円)出せば何でも手に入るのが多くの人のデフォルトになりつつあります。

100円ショップだけでなく、洋服だって、アクセサリーだって、コスメだって、何だって、ちょっとのお金で”流行りのモノ”を買うことができます。安いモノも流行りモノも、永遠に使うと考えている人はそんなに多くないと思います。

けれど、いつか使わなくなるだろうという気持ちでモノを使うのってやっぱりモノに対しても地球にも失礼。

今あるモノを大切に使うことができれば、わざわざ新しいモノを買う手間も時間も省けます。

充分満たされていることに気づける

モノは決して私たちに”永遠の幸せ”を与えてはくれません。新しい洋服を買ってしばらくはウキウキするけれど、いつかそれに飽きてしまうこともあるだろうし、それを一生着続ける人も稀。体型が変わったり、流行が変わることだってあります。

そう考えると、モノって本当は重要ではないんだなということに気づけるはず。

ヨガの中でも外界のものに惑わされるなという教えがあります。散財をやめることで、本当の幸せはモノが与えてくれるものではなく自分の中にあると気づくことにも繋がります。

ゴミを減らせる

新しいモノを次から次へと買うことをやめれば必然的に、ゴミは減っていきます。

お部屋もきれいに保てるし、掃除も楽。そして地球にとっても優しいですよね。

言うほど簡単ではなかった…わたしが工夫したこと

Photo by Thought Catalog on Unsplash

広告は見ない

デジタルに操られている私たちは、1度でも何かを検索したらそのSNSやらWebサイト上に広告が現れます。特に私が注意したいのが、インスタグラム。関連したものやおすすめの商品が魅力的におすすめされます。テクノロジーって本当頭いいですよね(笑)

オンラインショッピングはもはや現在の主流でもありフィジカルな店舗を持たないお店も増えてきていますが、やっぱりオンラインショッピングで失敗する確率が高いと思うんです。モデルさんが着用しているものは素敵に見えるけれど、自分が着てみると「???」という経験がわたしにはたくさんあります。特に注意したいのが、日本人以外の方がモデルとして広告に出ている場合

広告を見なければ買い物の機会はかなりかなり減ります。SNSやブログも要注意。

買い物リスト以外は買わない

次に注意したいのが、必要なの買い物に行った時

「これが安いから」「これが美味しそうだから」「小腹が空いた時のために」なんて、結構必要以上のモノを買ってしまうがちだったのが以前の私。

買い物に行く時はリストを作るようにしてからは、必要がモノ以外は買わなくなりました。

いつも行くマーケットやスーパーであれば、何がどこに配置しているかは大体分かっているので、それ以外はスルーするようにします。

チャレンジしてよかった!そう思う理由は?

Photo by Markus Spiske on Unsplash

必要ないモノを買っていることが多いことに気づけた

チャレンジ当初はインスタグラムでおすすめされるフィードをよく眺めて、保存ボタンを押したり、ウィッシュリストにいれたりしていましたが、後から見返してみると「これ要らないね」というモノ結構あるんです。

衝動買いしたり、欲しいと思って買ったモノを後々見てみると「なんで?」という経験がある方も少なくないかもしれません。新しいモノを買わないチェレンジをしなかったとしてみても買う前に数日考える時間を持つのはおすすめです。

SNSを見る時間が減った

前はおすすめされるフィードをおすすめされるままに見続けていましたが、おすすめされるフィードや広告を見なければ、SNSを眺める時間が減ってきます。

SNSを眺めるのが悪いわけでは決してありませんが、その分の時間が浮くと別のことに時間を費やせたり、お休みする時間を持てたり。

時間の使い方も効率的になったと思います。

必要なモノと欲しいモノ(欲)が見分けられるようになった

チャレンジ中に「欲しいな」と思って保存していたものを今見返してみると、そのほとんどが私にとっては必要なモノではありませんでした

必要なモノと欲しいモノは違います。

チャレンジが終わった今も、「素敵だな」と思ってもその後「今のわたしには必要ない。」をすぐ感じることができるようになりました。

いつか必要になった時のために保存しているものもありますが、まずは今持っているモノを大切に使い続けたいと思います

これから新しいモノを買う時に気をつけたいこと

Photo by Brooke Lark on Unsplash

これから新しいモノを買うことがあれば気をつけたいこと。それは必要なモノを買うことはもちろんですが、もっと自分に合うモノを選んでいきたいということ。

例えば洋服であれば、モデルさんとわたしは違うということしっかり念頭に入れておく。ある程度年齢を重ねた今は流行りや色々なテイストのファッションに挑戦するよりも、本当に自分に合うモノを選んでいきたいなと思います。

その他にも、インテリアも大好きなので、よくお花や植物、インテリア家具を眺めることがありますが、これまでは、色々なテイストのインテリアを選んでは失敗することもありました。これからは、今の自分のお部屋に合うテイストのモノ、カラーを揃えるなど統一感を持つなど工夫していきたと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

シンガポール在住8年のライター/Webクリエイター/ヨガインストラクター(全米ヨガアライアンスRYT200保持)。4歳の娘 Emmaと夫と3人暮らし。Webを中心に、ファッション、ビューティー、ライフスタイル、旅行など幅広いジャンルに関する情報を発信。現在はWEBクリエイターとしてWEBサイトを運営、取材、執筆活動を行う傍ら、RYT200を活かしシンガポールを中心にヨガインストラクターとしても活動中。