オトナ女子がランニングをするメリットって?走り続けて起こった6つの心と体の変化

2キロ走ることがやっとだった私ですが、短い距離でもその時々の自分の体に適した距離とスピード走り続けることで、心や体に様々な前向きな変化が起こりました。

今回は、ランニングを続けることで起こるメリットをわたしの経験談をもとにお話していきたいと思います。

体を引き締めたい人、子どもや夫にイライラしている人、はランニングの練習おすすめです!

わたしが思うオトナ女子がランニングを続けるメリット

Photo by jack atkinson on Unsplash

体が引き締まる

ランニングを続けていくことで、余計な脂肪が落ちてきて体が引き締まってきました。特に今までわたしのコンプレックスでもあった下半身。太ももと周りが引き締まり、ヒップアップにも効果が出てきたように思えます。

健康的な引き締まった体は、ただ細いのではなく結局は筋肉が適度についた体。なので、今まで蓄えていた脂肪が、ランニングを続けることで筋肉に変わってくれました。

代謝アップ!

ランニングを続けることで基礎代謝が高まります。結果としてエネルギーを消費しやすい体になるので、前述したように余計な脂肪を燃やして必要な筋肉をつけてくれるようになります。

基礎代謝をアップするメリットは体を引き締める以外にもたくさんあります。

例えば、美容効果。 新陳代謝が活発になり、細胞が若々しくなるので、肌や髪の毛にハリ・つやが出ると言われています。これはわたしも感じている効果の一つ。特に、肌がきれいになったと夫から言われます。

また、健康効果も基礎代謝アップで起こること。体の体温がアップすることで、冷えやむくみ・肩こり、腰痛の改善などにも繋がります。わたしも、シンガポールの厳しい冷房下の中でも体が冷えづらい体になりました。「ちょっと冷えたな」と感じても、マッサージをしたり、集中的に温めることですぐに体温を取り戻せるように。

PMSが軽減

ランニングを毎日するよくになってから、「PMSで理不尽に怒られることがなくなった」というのが夫の意見です。

PMSの原因は、科学的には証明されていないものの女性ホルモンの影響というのが有力と言われています。いつもわたしたちの生活を支えてくれているエストロゲンという女性ホルモンの分泌が少なくなり、プロゲステロンが増える時期がPMS期間。この期間は、妊娠の有無に関わらず体が妊娠に向けて体が準備します。つまり、かなりデリケートな時期。そんな体の現象に合わせてわたしたちの心にもストレスがかかります。

わたしも、以前からPMSには差はあれど、毎回細かくなったり、イライラしたり。理不尽に夫や娘に怒ることもしばしば。

それが、ランニングを毎日するようになってからは、かなりそれが軽減。ゼロではないにしても、周囲にあたることがなくなりました

ランニングを続けていると、途中で気持ちが高揚して幸せな気分になることがあります。これは「ランナーズハイ」と呼ばれる現象。脳から「β-エンドルフィン」というホルモンが分泌されることにより、リラックス感を得られるそう。

睡眠の質が改善

わたしは朝5時半にランニングをしているので、自然と早寝早起きになりました。以前から、6時起きだったので30分の差ではありますが、それでも睡眠の質はかなり改善。

特に感じているのは寝入りがよくなったこと。ベットに横になって、娘の寝かしつけで一緒に眠れています。

これは、体の中でも一番大きな筋肉である、お尻や太ももの筋肉を特にランニングでは使っているから、体が回復するために睡眠を催促しているようです。

健康管理の意識に変化

ランニングをはじめてから、食べるものそして食べ方にも更に気を使うようになりました。以前からも気をつけていましたが、やはりただ運動しているからだけではなく、体を作り上げるのは食べ物。

運動メニューに合わせて、どんな栄養が必要か、またどのように食べるかも重要。体が冷えやすい女性は、体を冷やす食べ物や飲み物を摂る時はその量にも注意が必要だなと感じています。

体が吸収しやすいように調理して食べる、温めて食べるなども工夫するようになりました。

1日が効率的に

これは、わたしが朝にランニングをしているからということもありますが、朝ランニングをしていると1日が効率的に動けるようになります。(もちろん夕方1度すごく眠くなったりすることもありますが)

頭が冴えるので、朝の家事をはじめ、朝の仕事も生産的に進められます。

自分に合ったランニングスタイルを見つけよう

Photo by Filip Mroz on Unsplash

もちろん個人差は考えられますが、それでも続けることで様々な変化が期待できるのがランニングです。

2キロがやっとだったわたしも、現在は6キロ〜7キロまで無理なく走れるようになりました。それ以上は、まだ体が「No!」と言ってるのでまだ挑戦はできていません。

それでも、続けていくことで、また距離は伸びるでしょう。そして、何度も言っているのですが、何よりも記録を伸ばすことよりも体や心に起こっている変化を感じることが、わたしにとっては1番の続けることのできている理由の一つです。

ランニングに限らず運動を続けるコツの一つは、ジャーナリングをすること。ランニングの記録ももちろん、体や心の記録もすることで、変化に気づきやすくなります。

わたしは手書きで記録するのが好きですが、ランニングアプリなどもおすすめ!距離やスピードなども一緒に測ってそのまま記録することができるので、便利です。

自分自身の体に合ったランニングスタイルを見つけて、ぜひランニングを続けてみて下さい。ランニングをして、たくさんの前向きな変化がたくさんの人に起こることを願っています。

ABOUTこの記事をかいた人

シンガポール在住8年のライター/Webクリエイター/ヨガインストラクター(全米ヨガアライアンスRYT200保持)。4歳の娘 Emmaと夫と3人暮らし。Webを中心に、ファッション、ビューティー、ライフスタイル、旅行など幅広いジャンルに関する情報を発信。現在はWEBクリエイターとしてWEBサイトを運営、取材、執筆活動を行う傍ら、RYT200を活かしシンガポールを中心にヨガインストラクターとしても活動中。