基礎体温計使ってますか?流れを知ることは自分を知ることに繋がる

自分のことは自分が一番よく分かっている…はず。正確に「いつから」というのは覚えていませんが、いつからか「何だか調子が悪い日がある」、「今日はすごいやる気がよく出る」、「いつもだったら気にしないことに今日はすごいイライラする」と言ったように日によって、自分の身体と心の調子に変化があることに気づくようになりました。

それは所謂、女性のサイクルによるものなんだということに気づいたのは、出産を経験して暫くしてからのことです。

基礎体温計で自分を知るって?

基礎体温とは

妊娠を希望している女性は、耳にしたことがあるかもしれない「基礎体温」。

基礎体温とは、生命維持に必要な最小限のエネルギーしか消費していない安静状態にあるときの体温のこと。
つまり、寝ている間の体温になるのですが、自分では測れないので、朝目覚めて活動する前に測るのが一般的です。

引用元: Omron
月経が始まると約2週間体温が下がって低温期に
排卵すると体温が上昇し次の月経までの約2週間は高温期が続く

女性の基礎体温は生理周期によって変化し、低い体温の時期(低温相)と高い体温の時期(高温相)に分かれ、この移り変わりを見ながら排卵のタイミングを確認することができます。

毎日基礎体温を測ることは女性のヘルスケアメソッド

排卵のタイミングが分かる=妊娠しやすいタイミングが分かるということ。妊活をしている女性の多くは基礎体温計を毎朝測るように指導されます。

では「妊娠を希望していなければ基礎体温を測る必要はない?」

基礎体温を測るメリットは「妊娠しやすいタイミング」を測るためのものだけではないと私は思っています。

リズムが分かる

自分のリズムを知ること。つまり、自分が今どんな過程にいるのか分かります。健康的な女性の生理周期は大体28日サイクルで回っていると言われています。この28日の中で、調子の良い日もあれば、何だか身体がだる重い日、何かあったわけでもないのに悲しい日、食欲が止まらない日があるのは、この周期によるもの。

得に、仕事に家事に育児にと忙しい現代女性の多くには、PMS(月経前症候群)などの辛い症状を抱えている人も少なくありません。

基礎体温をつけていると、自分のサイクルの中でどこにいるのかということが分かるので、自分を理解したあげること、許してあげることや、運動や食事のとり方、休み方、仕事の仕方などの対処方法が見つけることに繋げられます。

不調に気づける

妊活を始める前までの私は基礎体温をつけたこともありませんでした。むしろ、基礎体温は体温計で測れると思っていたほど、全く無頓着でした。

基礎体温計の存在を知ったのは「たまごくらぶ 妊活本 」を手にした時。基礎体温計を購入して数ヶ月つけて後自分の不調に初めて気づいたのです。

高温期の基礎体温が全体的に低かったり、期間が短かったりする場合は、女性ホルモンの動きが悪いということ。低温期しかない場合は、排卵ができていなかもしれないといこと。基礎体温を習慣的に測っていることで、自分の不調を見つけるきっかけにもなります。

基礎体温計がバラバラだった妊活中の私

妊活中の私の基礎体温

前述した通り、私の妊活初期の基礎体温は散々なもの。高温期と低温期には辛うじて分かれているような分かれていないような。全体的に、体温はつねに低めの35度台。高温期になっても36度台を切ることもありました。

排卵しているのか、していないのかもよく分からず、産婦人科の先生に勧められ排卵誘発剤を飲んだこともあります。

その経験があったからこそ自分の身体を向き合うことの大切さに気づけたのだからと今は考えていますが、「妊活する前からちゃんと基礎体温を測っていればよかった…」と思ったこともありました。

基礎体温の安定のためにしたこと

ヨガ

私の当時の基礎体温がバラバラだった原因はおそらく思春期から続いた不摂生と運動不足、そして妊活に対するストレス。

ヨガで骨盤周りを中心に身体全体の血の巡りを良くしたことや、「グラフがバラバラだけど…まぁいいか!」と思うようになったのは大きかったと思います。

食事改善

大学を卒業してから日本で会社員をしていた時も、シンガポールで会社員をしていた時も、夜ご飯は食べない生活を送っていました。朝ごはんも、シリアルやパンだけ。昼ごはんは手作り弁当を持っていっていましたが、それでも栄養バランスは悪かったと思います。

本を参考に、バランス良く食べること、また妊娠しやすい身体(=妊娠しやすい身体)に必要な栄養素を多めに取るように心がけ、食事だけでは取りづらい栄養素はサプリを利用して積極的に取るように。

仕事をフリーランスへシフト

「不摂生を手っ取り早く改善するには会社員を辞めることだ」と大胆な考えを思いついた私は仕事をフリーランスに転身しました。

それぞれの家庭の事情もあることなので、これは気軽に「やってみなよ!」と大声で言えることではありません。また、会社に縛られない生き方は私にとっては、気楽でストレスフリーですが、金銭面や保険などの不安定さはつきまといます。(幸なことに私はそこではストレスを感じないので)

もし、仕事がストレスになっているのであれば、仕事のペースをスローダウンすることや、転職、またストレス解消法を見つけるのも基礎体温を安定させ、健康的な身体作りに繋げられるかもしれません。

基礎体温を毎日測るには基礎体温計の選び方が重要

妊活の有無に関わらず、基礎体温を付けたい!と思っても、それを毎朝習慣的に行こなうのは以外と至難の技。基礎体温は「目がさめたら起きあがる前に測ります。」そして付け始めの頃は大体、忘れます。

予測式がおすすめ

基礎体温計には、「実測式」と「予測式」がありますが、できるだけ素早く測定したい方には「予測式」がおすすめ。私は現在使用しているのは、より正確な体温が検測できる実測式ですが、これが毎朝5分…長い時には10分かかります。ピピッとなる前に、二度寝に入ることもあります。

一方、予測式はセンサーで感知した温度を素早く分析し、その結果に基づいた予測体温を表示するもの。測定完了までわずか数秒~数十秒ですから、起き抜けでもすぐに結果を知ることができます。

記録するのを忘れないスマホアプリ連動型

スマホアプリと連携できる機能がついた基礎体温計は、測定データをそのままアプリに送信すれば自動的にグラフなども作ってくれるため、毎日の記録が簡単になります。基礎体温計を付け始めたばかりの頃は、測定したことに満足して記録するのを忘れてしまうことも。

アラーム機能付き

指定した時間にアラーム音を鳴らしてくれるので、起床時間に合わせておけば目覚めてすぐ測ることができる「アラーム機能付き」。うっかり忘れを防ぐのには最適です。

バックライトがついていると暗闇でも便利

液晶画面にバックライトが付いているタイプは暗い部屋の中でも画面が見やすくて便利。私は、太陽が登る前に起きるので、暗闇の中毎日測っています。ピピッとなったけれど「今日は何度なのかしら。後でチェックしよう」と思い、忘れることも。

自分の流れを知ってサステイナブルな暮らしを維持しよう

職場、家庭、子育て…女性の力が様々な場所で求められるようになっている現代。自分の流れを知ることで、毎日同じようにパフォーマンスすることは充分に可能だと私は信じています。

私自身まだまだ自分の流れに左右される日もありますが、それでも基礎体温を付けているときと付けていない時では、暮らしのしやすさが変わりました。

自分の流れを知ることで、自分らしくサステイナブルな暮らしを実現できる女性が増えることを願っています。

ABOUTこの記事をかいた人

シンガポール在住8年のライター/Webクリエイター/ヨガインストラクター(全米ヨガアライアンスRYT200保持)。3歳の娘 Emmaと夫と3人暮らし。Webを中心に、ファッション、ビューティー、ライフスタイル、旅行など幅広いジャンルに関する情報を発信。現在はWEBクリエイターとしてWEBサイトを運営、取材、執筆活動を行う傍ら、RYT200(Registry ID: 301558)を活かしシンガポールを中心にヨガインストラクターとしても活動中。