お家でできるペーパーレス化にチャレンジ!成功する秘訣は?#わたしのサステナブルウィッシュ

5月は怒涛の引っ越し作業で断捨離に追われていましたが、意外に手こずったのが書類の整理

シンガポールに住んでからの10年間の間の雇用や保険、自宅の契約書から、結婚前の雇用契約書、資格証明書から大学の卒業証明書、成績証明書まで…膨大な書類の山。

こうした「いつ使うのだろう?」を中心に、今後はペーパーレス化にしていくことにしました。

#わたしのサステナブルウィッシュ2022 って何?

2021年よりスタートした連載企画。1年間を通して地球と人に優しい習慣を身につけるための #わたしのサステナブルウィッシュ
ズボラなわたしが自分なりにできる範囲で取り組んだ1年間のサステナブルな暮らしの実践は、地球全体で言われている環境や社会問題など多くの課題を解決するなんて大それたことはできませんでした。それでもこのチャレンジを通して「サステイナブルの本質」を日々考えることにつながっていると自負しています。

2022年はさらにパワーアップして #わたしのサステナブルウィッシュ2022 を実行していきます!

ペーパーレス化とは?

お家にある紙の多くは、紙そのものに価値があるということでもなく、そこに書かれている情報に価値があるというものかなと思います。ですので、情報の保管は紙である必要はないんですよね。そこで活用できるのが、ペーパーレス化です。

”ペーパーレス”とは、読んで字の如し、紙ではなくデジタル化して活用する方法。

最近は、カード支払いや公共料金の支払いなどの請求書などもアプリやネットで確認・支払いできるなど、ペーパーレス化がどんどん進んでいるように思えます。

請求書などは支払いが済んでしまえばシュレッダーにかけるのでゴミになってしまいます。また、いつまでも保管をずっとしておくような書類も保管場所が必要になってきます。

ペーパーレス化ができれば、ゴミを減らすことも、保管場所に作る必要もなくので、かなりスッキリ暮らすことができます。

次からは、わたしが自宅で現在進行系で進めている自宅のペーパーレス化をご紹介できます。気になる方の参考になれば嬉しいです。

自宅をペーパーレス化

請求書

これは、すでに実施されている方も多いかもしれません。

カードや電気代などの請求書をすべてペーパーレス化にしました。

アプリやネット上で管理できるので、その月だけではなく過去数ヶ月の家計と比較しながらもできるので、節約にも役立ちます。

写真

最近の写真はデジタル保存がほとんどですが、わたしが子どもの頃から大学時代までの写真は”写真”としてアルバムに保管されています。

こうした昔の写真たちをスキャンしてデジタル保存するようにシフト。デジタル保存であれば写真が色褪せることはなく、いつまでの思い出をクリアに楽しむことができます。

取扱説明書

ほとんど見直すことがない、けどごく稀に必要になる家電製品などの取扱説明書。

これらも、スキャンしてデジタル化することでペーパーレス化することができます。また、最近はネットで取扱説明書を確認することができるので、そのまま破棄しても◎。

学校のプリント

子どもが学校から持ち帰ったプリント類も(ほとんど見返すことはないのですが)スキャンや写真でデジタル化すると便利です。

我が娘はまだ幼稚園児ですが来年小学校入学と同時に、小学生でも簡単に使えるスキャナーの購入を検討中です。

富士通 スキャナー ScanSnap iX100 黒色 FI-IX100A

ペーパーレス化を成功させるために重要なのは?

ペーパーレス化をすすめる中で一番大切だと感じているのは、デジタル環境を整えることです。当たり前のことではありますが、フィジカルであってもデジタルであっても、情報やモノを保管する歳に、場所(デジタル環境)が整っていなかれば、「どこに何をいれているかわからない!」となってしまいます。

デジタルに慣れていないと、最初のうちは不便に感じることもあるかもしれません。けれど、慣れてしまえばモノは減りスッキリします。紙を破棄することにはなりますがキチンと分別してリサイクルに回すことで、見ない・使用しないで保管していた紙を再生することにつながります。

ちょっと手間はかかりますが、ペーパーレス化は簡単にできるサステナブルなことではないでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

シンガポール在住10年 文筆家/ヨガ講師/アーユルヴェーダアドバイザー  House of Emmaでは、毎日の暮らしの中でできるヨガとアーユルヴェーダの智慧をベースにした食事、美容、セルフケア、季節ごとの過ごし方などライフスタイルの提案をしています。