オランダ流の生き方『ニクセン』を実践してみて感じたこと

世の中にはたくさんの”生き方”のキーワードがあるけれど、最近わたしが気になって仕方ないのが『ニクセン』。(注: 肉専ではないよ)これはオランダの人たちが大切にしている生き方なんだそう。

ニクセンとは

ニクセンとは、オランダ語のNiksen(ニクセン)がそのまま日本語としてのワードとなった言葉。「何もしない」というオランダ語の意味を持ちます。その意味の通り”何もしないこと”または””目的を持たずに何かをすること”を指します

私は「行いに何も期待しないこと」と解釈しています。

オランダは、OECDのワークライフバランスランキング(2019年)で世界一位、ユニセフの子どもの幸福度ランキング(13年)でも首位になったことがある幸せ大国。そんなオランダでも仕事のストレスによるバーンアウト(燃え尽き症候群)がここ数年ほどで増えてきたことから、それに対処するためのコーチングの手法でニクセンが使われるようになったんだそう。

ニクセンで大切なのは心を引き離すこと

何もしないことってとても簡単なようで、とてもハードルが高いですよね。

知ってか知らずか、一人一人が自分に対してたくさんの役割を担わせている現代社会では次から次へとやるべきことが押し寄せてきます。

平日も休日もスケジュール帳はぎっしり埋まっているという人はたくさんいるだろうし、To doリストをこなしていくことにさほど疑問を抱かないという人もいるかもしれません。

とは言え、スケジュールを空っぽにしたらそれはそれで、「どうすればいいのか」、「何をすればいいのか」など焦ってしまう人もいるかも…

『週末は、Niksen』の著者でオランダ人の働き方やライフスタイルをレポートしてきた山本直子さんによると、ニクセンで大切なのは今抱えている問題や次のスケジュールなどから心を一旦引き離すことだそう。

仕事中に休めて窓の外の景色を眺めたり、仕事帰りに一駅前で降りて散歩したり、休日の朝ゆっくりと美味しいコーヒーを淹れたり、別に何かをしていていいのだそう。

そして、ニクセンにはこれがニクセンというルールはないのも特徴。自分流のニクセンを見つけて実践していくことができます。

私流のニクセンは自然がキー

平日も休日もスケジュールはびっしりのここ数ヶ月間。スケジュールどおりにTo doリストをこなしていくことに決して疑問を感じていたわけではなかったのですが、以前のように「ちょっと休みたい」と感じることがなくなったのは、もしかしたらニクセンを意識的に実践してきたからかなと思っています。

今までダイニングで仕事をしていましたが、先月(ようやく)仕事用デスクを購入して窓際に配置。ふとした時や、ちょっと飲み物をすする時に窓の外を眺めるようにしています。自然の力は偉大なので、一瞬だけ仕事から離れて「いや〜きれいだなー」と思ったり。そうした時間が、集中力ややる気を増大させてくれているように思えます。また、仕事デスクにお花を飾ったのも効果的でした。

期待を持たないこともパワーになる

まだまだ修行中の身の私は、ヨガや瞑想の練習中にはたくさんの効果を期待しています。無になる練習ではあるのですが、その練習の意図として何らかの期待を込めている私にとってはこれはニクセンにはならないのかなと思っています。

意図を持つことはとても良いことだけれど、何か特別なことをわざわざするのではなく、特別でないことを楽しむこと、それがニクセンなんだろうなと思います。期待がなければ一喜一憂する必要はないので、余計なエネルギーを使う必要はありません。

自分の当たり前を楽しめる人は、人生を楽しめる人。そんなことを、ニクセンという生き方は私に教えてくれました。

参考: 山本直子(著)『週末は、Niksen(ニクセン)。』

ABOUTこの記事をかいた人

シンガポール在住8年のライター/Webクリエイター/ヨガインストラクター(全米ヨガアライアンスRYT200保持)。4歳の娘 Emmaと夫と3人暮らし。Webを中心に、ファッション、ビューティー、ライフスタイル、旅行など幅広いジャンルに関する情報を発信。現在はWEBクリエイターとしてWEBサイトを運営、取材、執筆活動を行う傍ら、RYT200を活かしシンガポールを中心にヨガインストラクターとしても活動中。