マニフェステーション・ジャーナル101:なりたい自分になるための『マニフェステーション・ジャーナル』をはじめよう

アファメーションを唱えたり、ビジョンボードを作成したりと、マニフェステーション(願望実現)の方法には様々なものがありますが、中でもジャーナルは誰にでも簡単にできる方法の一つ。

マニフェステーション・ジャーナル』は、なりたい私に近づくためにあなたを次のレベルに引き上げるもの。

ジャーナルを書くことで、ポジティブな考えを物理的な領域にまで広げることができます。

何を叶えたいかに関わらず、ここではマニフェステーション・ジャーナルがどのように役立つのか、また、どのように始めたらいいのかについてお話します。

この記事はこんな人におすすめ
・2022年はなりたいわたしになりたいと思っている人
・自己実現を叶えたい人
・夢や目標がある人

マニフェステーション・ジャーナルとは?

Photo by Jess Bailey on Unsplash

マニフェステーション・ジャーナル』とは、基本的には、「マニフェステーション」のために使用するジャーナル。マニフェステーションとは、引き寄せの法則を使って、ポジティブなエネルギー、思考、行動を用いて、人生に物事を引き寄せること。もう少し噛み砕いて言うと「ジャーナリングをして自己実現しよう!」といったところでしょうか。

ビジョンボードが物事を視覚的に描写するのと同じように、マニフェステーション・ジャーナルは、自分が引き寄せたいものを書き留めておくものだと考えると分かりやすいかもしれません。

目には見えないけれどエネルギーは注意が向かっているところに流れるので、書きながら目標を心に留めておくことで、あなたの意図に火をつけることになるのです。

マニフェステーション・ジャーナルをはじめるヒント

Photo by Lexy Lammerink on Unsplash

自分のビジョンを明確にする

何かを実現しようとするときには、自分の目標を明確にし、具体的に示すことが重要!具体的であればあるほどよいのです。

例えば、富を得ることを実現したいのであれば、「2022年6月に100万円を呼び込む」と”何度も”書き、それを実現することによってもたらされる素晴らしいことをたくさん書き込んでみてください。

実現した先をイメージする

具体的に書くことに加えて、自分が実現しようとしていることを書いたり、イメージしたりすることに没頭するようにしてみてください。

現実であるかのように感じることができればできるほど、望むもののバイブレーションと一致することになるかもしれません。

ここでポイントとなるのは、実現したら嬉しいことを実際に表現することで、その感覚に浸ることができるということ。そうすることで、エネルギーが高まり、自分の望みに合わせることができるかもしれません。

更にはエネルギー的に整うと、顕在化させたいものを達成するために必要な、インスピレーションに満ちた行動につながっていきます。

自己実現を制限するものや課題も書き出す

自己実現するためのジャーナルに、ネガティブなことを書くのは直観的でないように思えるかもしれませんが、実際にはそれを吐き出すこともキーポイントとなります。

自己実現のプロセスで何らかの抵抗を感じていることを何でも思いつくままに記します。書き出すことによって、それらが自己実現の制限や課題としてではなく、新しい可能性、解決策、機会に目を向けるように脳を鍛えることができるようになってきます。

また、気になることを「心配事リスト」にまとめておくだけでも、自分を動けなくしている重いエネルギーを解放するのに役立ちます。

2022年なりたい私になるためにマニフェステーション・ジャーナルをはじめよう

Photo by Mathilde Langevin on Unsplash

ジャーナル初心者の方などにおすすめの方法が『369メソッド』というもの。もちろんベテランの方にも最適なとてもシンプルなマニフェステーションの実践法です。

369メソッドは、アファメーションを、朝起きてすぐに3回、昼間に6回、寝る前に9回書いていくというもの。アフォメーションとは、ポジティブな言葉で自分自身に宣言をして、なりたい自分を引き寄せるマインドセット作りのテクニックです。

繰り返しになりますが、マニフェステーションを行う際には、それが現実であると感じることがとても重要。

自分の願望が実現したら、どんな人になるのかどんな風に動くのかどんなことをするのか、などを書いてみましょう。

そうすることで、自分の願望とエネルギー的な整合性が生まれるのを感じるかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

シンガポール在住8年のライター/Webクリエイター/ヨガインストラクター(全米ヨガアライアンスRYT200保持)。4歳の娘 Emmaと夫と3人暮らし。Webを中心に、ファッション、ビューティー、ライフスタイル、旅行など幅広いジャンルに関する情報を発信。現在はWEBクリエイターとしてWEBサイトを運営、取材、執筆活動を行う傍ら、RYT200を活かしシンガポールを中心にヨガインストラクターとしても活動中。