おうちにいながら旅するように暮らすには

世界中で猛威を奮っている新型コロナウィルス肺炎の影響で旅に出ることはできないけれど、おうちにいながら旅するように暮らすことは誰でも可能です。

おうち時間も立派な自分の時間。鬱々していたり、イライラしているよりも、少しでも明るく楽しく過ごした方が健康的。おうちにいながら旅するように暮らして、未来に繋がるサステイナブルな暮らしを実現してみませんか。

旅するように暮らす

人生は一度きり。今回のウィルスの発生によって、悔いのないよう楽しく生きたいと思う人が増えたのではないでしょうか。

「旅をするように暮らす」と聞くと、ノマドワーカーやプロトラベラーのように旅をライフワークとして生きている人々のことを考えがち。

けれど、おうちにいながらも日常的な暮らしの中で旅の醍醐味である非日常を散りばめて、旅するように暮らすことができるんですよ。

おうちにいながら旅するように暮らす方法

1. 旅の記録をする

これまで旅をした場所の記録は残していますか?

「旅先はどんな場所だったか」、「旅先での出来事」、「学んだこと」、「感じたこと」…

普段の日常では味わえない体験をたくさん提供してくれるのが「旅」です。

「あー楽しかった。」で終わるよりも、今後の自分の人生をより豊かにしていくためにも、旅の記録を残すことはサステイナブルな旅の方法の一つです。

旅の思い出を振り返りながら記録を残していくと、まるで旅先にいるかのように豊かな気持ちになりますよ。

旅の記録の残し方

  • フォトブックを作る
  • ファブリックボードを作る
  • クラウドサービスを活用
  • SNSやアプリを活用
  • 旅ノートを作る
  • ブログを書く

2. 旅先で学んだことを実践する

私は、旅の記録を残したら、旅先で学んだこと、新しい気づきとなったことを日常で実践するようにしています。

簡単な例で言えば、旅先で美味しかった料理を自宅でも作ってみるなど。2年前にバリ島・ウブドで参加したバリニーズ料理教室で習ったココナッツカレーは何度もリピートしては、おうちにいながらウブドにいるかのような気分を味わっています。

その他にも、イタリアの大富豪宅で学んだ「シンプルな暮らし」の方法は、まだまだ実践できていないことも多いながら、自分の今の置かれている環境下でできる精一杯やっています。

日常で取り入れられる旅先での学び

  • 世界やご当地料理を作る
  • 海外の生活様式や習慣を取り入れてみる
  • 語学を学ぶ
  • 伝統を学ぶ(ダンスなど)

3. 旅先で出会ったアイテムを暮らしに取り入れる

旅先で出会ったお気に入りのアイテムを暮らしの中に取り入れることも、旅先の非日常感を味わえる方法です。

我が家には、日本に一時帰国した際に持ち帰ってきた、一保堂茶舗の緑茶やほうじ茶の茶葉があります。その他にもウブド市場近くで購入したカカオニブスや、旅先で出会った一張羅や、石鹸などがあります。

そうしたお気に入りのアイテムは、シンプルな毎日の暮らしの中でささやかながら非日常感を与えてくれます。

誰でもできる旅先のアイテムの取り入れ方として、温泉旅行気分の味わえるバスタイムに温泉入浴剤を入れてみたり、ヒノキの香りのするお風呂セットを取り入れる方法もあります。

ワンクリックで簡単に手に入れることもできる時代です。あなたのおうちのちょっとしたスペースに、暮らしを豊かにするために非日常感をプラスしてみてはいかがでしょうか。

4. 世界と繋がる

現代は、テクノロジーの進化のおかげでおうちにいても世の中や世界と繋がれる時代。SNSを始めとしたした様々なツールを利用して、積極的に外の世界と繋がることで、自分とは違う人の日常が加わります。

インスタグラムなどで海外の人がどんな「おうち時間」 を過ごしているのか除いてみると、取り入れたくなるようなアイディアがたくさん詰まっています。

5. 情報を集める

おうちの中にいるからと言って、旅先でできる学びができないということでは決して無いと私は思います。

テクノロジーを活用すれば、簡単に(真偽は確かでないものもありますが)情報が手に入ります。

また本を読むことと旅することは似ていると私は思っています。フィクション、ノンフィクションに関わらず、自分ではない誰かの人生やドラマを覗き込むことで、非日常感を味わえますよね。

特に旅に特化したい人や、旅するように暮らす生き方を好む人には、本田直之さんと四角大輔さん著の「モバイルボヘミアン 旅するように働き生きるには」がおすすめ。現在、アマゾン・キンドルで無料で読むことができます。

おうち時間を豊かに。旅するように暮らそう

過去は取り戻すことができません。そして、未来は「今」によって変わります。サステイナブルな暮らしの実現は自分次第。

後悔のない人生にするためにも、おうちにいる時間も豊かに過ごせる人が増えることを願っています。

ABOUTこの記事をかいた人

シンガポール在住8年のライター/Webクリエイター/ヨガインストラクター(全米ヨガアライアンスRYT200保持)。3歳の娘 Emmaと夫と3人暮らし。Webを中心に、ファッション、ビューティー、ライフスタイル、旅行など幅広いジャンルに関する情報を発信。現在はWEBクリエイターとしてWEBサイトを運営、取材、執筆活動を行う傍ら、RYT200(Registry ID: 301558)を活かしシンガポールを中心にヨガインストラクターとしても活動中。