最新情報はInstgaramをチェック!

読み終わった直後に何とも言えない空虚感に苛まれた。韓国で社会現象を巻き起こしたベストセラー小説『82年生まれ、キム・ジヨン』をレビュー。

日本に帰国した際に購入するものの一つの中に本があります。それでも、たくさんは持って帰れないので(1)Kindleにない本、(2)何度も読みたくなる本 を基準に本を購入するようにしています。

今回は、どうしても自分の所有物にしたいという理由でKindleにはあるけれど『82年生まれ、キム・ジヨン』を購入しました。(Kindleは読む権利は買えるけれど、本を所有する権利は買えません)

ベストセラー小説『82年生まれ、キム・ジヨン』とは

ドキュメンタリー番組の放送作家であるチョ・ナムジュ著の『82年生まれ、キム・ジヨン』は韓国で2016年に出版されました。物語の主人公のキム・ジヨンは、どこのでもいる82年生まれの女性。気づく気づかないは別として多くの女性が経験する困難や性差別を題材に扱った本作品には、多くの女性がキム・ジヨンに自分を投影することができます。韓国では100万部を超えるベストセラー小説となっていて、今年には映画化も決定しているそう。

あらすじ

主人公のキム・ジヨンは82年生まれの主婦。夫と1歳半の娘と3人で暮らすどこにでもいる女性。ある日突然彼女は、夫や夫の家族の前で自分の母親や友人の人格が憑依したように振る舞い始めます。

物語には、キム・ジヨンが自身の半生の中で「女性だから」という理由で経験してきた様々な困難や差別、理不尽な事柄が書き出されています。

created by Rinker
¥1,620 (2019/06/17 05:17:32時点 楽天市場調べ-詳細)

読んだことを少し後悔…それでも読んで良かったと思えるのは…

『82年生まれ、キム・ジヨン』を読んだ直後、何とも言えない空虚感に苛まれました。

これまで、私は「女性だから」という理由起こる困難や不平等、理不尽さを感じることは(たまたま)ありませんでした。ただただ、私の場合は鈍感で気づかなかっただけなのかも。はたまた、たまたまそういう環境に身を置いていなかったから。たまたま女子大に入って、たまたま社員の半数以上が女性で女性の管理職が多い会社に就職して、たまたま女性の社会進出が著しい国に移住して、たまたま子育てのしやすい環境に今も身をおいているから。

けれど振り返ってみると「もしかしたら、あれは…」ということも頭をよぎることも。「読まなければ気づかなかったのかも…」そんな風にも思いました。

日本でも異例の大ヒットを飛ばしている本作が日本人女性の共感を得ているのは、多くの女性が自分自身をキム・ジヨンに投影しているからなのかもしれません。

小さい頃に男の子が意地悪するのはどうして?

「隣の席の男の子が、私に意地悪をする。」

「それは、あなたのことが好きだからだよ。」

映画『そんな彼なら捨てちゃえば?』の中でも、Netflixのオリジナル映画『エイミー・シューマーの成長してますが何か? (原題:amy scumer: growing)』内でも、同じこと言及されています。

「そうなのかな〜」と思いながらも、なんだかやるせない気持ちになってしまい、その後の女性の人生を狂わせかねないこの発言は、大人はしっかりと責任を持つべきだと私は思います。

中には、本当に好きだから、愛情表現として意地悪をしている男の子もいるのかもしれません。けれど、その行動大人は正すべき。好きだったら男の子は女の子に意地悪をしていいのかということ。

好きなら優しくするべきだし、ただ意地悪をしたくてやっているのであればもちろんそれはやめるべきということをどうして大人は言わないのか。

Netflixのおすすめオリジナル作品『Amy Schumer; Growing』は女性はもちろん男性にも見てほしいスタンドアップコメディー

妊娠、出産をしたら女性は働きづらい世の中

日本のニュースで、芸能人が結婚した際に絶対にお決まりのように付け加えられる言葉「〇〇は妊娠はしておらず、結婚後も仕事を続けるよう。」先日、入籍をした蒼井優さんニュースにもその一言が付け加えられていました。

結婚して妊娠したら、仕事を辞めるのは女性なの?

もちろん、私も出産を経験しているのでお腹で子どもを育てながら通勤電車に乗ることも、ホルモンの影響で情緒不安定になってしまうことも、妊婦が働くことがとても大変だということは分かります。得に深い意味はないのかもしれませんが、私はいつもこの言葉を聞くと違和感を感じています。

妊婦だから仕事ができない。

子育ては母親中心でするもの。

もちろん、家庭の事情もあるかもしれません。私自身も仕事をセーブしているのは、夫ではなく私。けれどそれは固定概念からの選んだ結果ではなく、あくまでも我が家の考え方や夢に向かった結論です。

兎にも角にも、”女性が”辞めるということを前提にした文章には抵抗があります。

女性だけじゃない。それぞれの特性を理解できるように。

86年生まれの私が大学を卒業して就職した時の日本は「女性の品格」(坂東眞理子 著)が300万部の大ヒットをして、女性が働くことが当たり前の世の中、「女性は力は強い!」、「女性だからこそ社会に貢献できることがある」のような空気感がありました。

それでもそんな世の中の流れとは裏腹に、少なからず「女性だから」という理由で軽視されたり、弱者として扱われたり、困難にぶち当たっていた女性の方がいたことを【#Me too運動】のニュースで最近になって知った私は何とも言えない気持ちになりました。

もちろん「男性だから」という理由で感じる不平等さや、理不尽さなどがあるのかもしれません。

男性も女性も性別は違えど、同じ人間。世の中には、バリバリ働きたい女性もいる、家事(主夫)に向いている男性もいる。

「男性だから」、「女性だから」という理由や固定概念を取り払える世の中になるべきだと、この本を読んで改めて思いました。

created by Rinker
¥777 (2019/06/17 05:17:32時点 楽天市場調べ-詳細)

ジェンダーフリーの時代に

私の住むシンガポールでは女性の社会進出が一般的。外国人であれば住込みヘルパー(メイド)を雇って仕事と子育てを両立する、ローカルの方でもヘルパーを雇っている家庭もありますし、おじいちゃんおばあちゃんが協力して共働きしている家庭がほとんどです。

私が、出産後に会社の面接に受かったという話をした時、日本の友人に驚かれました。「よく雇ってもらえたね。」と。

子どもがいて、メイドも雇っていない。それなのに、外で仕事ができる。(結局、会社は辞めフリーランスになりましたが)

「女性だから。」

「母親だから。」

そのような理由で、差別されたり困難にぶち当たる、軽視されるのはやはり違うのではないかなと感じています。もちろん、違う人間が何億人もいる中で、人と比べてしまうこと、理不尽に感じることもたくさんあります。

それでも、お互いの違いを認め合えば、自然と差別や軽視は少なくなってくるのではないでしょうか。

女性達の絶望が詰まったこの本は、

未来に向かうための希望の書。

引用: 松田 青子『82年生まれ、キム・ジヨン』帯より

小説家・翻訳家の松田 青子氏はそう述べています。

私の3歳になる娘は、将来は「猫になりたい」と最近語っています。(猫が欲しいの?と聞いたら、猫になりたい。と答えました)猫になれるかどうかは分かりませんが、夢を持つことができるようになった成長を母としては嬉しく思います。

娘やこれから大人になる子どもたちが生きる世の中は、「女性だから」、「男性だから」ということは関係なく、その人それぞれが持つ本来の性質と能力を最大限に活かせる選択を自由に選べ、たくさんの夢が叶う世の中が来ることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です