最新情報はInstgaramをチェック!

ミニマリストへの贈り物

「私ミニマリストなの。」

そんなこと言われたら、ちょっとした贈り物もしずらい…と思いますよね。

お世話になったから、誕生日や結婚などのお祝いに、餞別品、旅のお土産として。贈り物をあげる機会というのは、日常の中で溢れています。最近は、自分はミニマリストだと公言している方も多いので、そんな方に贈り物をする場合はちょっと気を使うかもしれません。

私自身も(Bad) Minimalistと公言しているので、なるべく自分にとって不必要なモノは増やしたくないと思っています。そして、贈り物をする際もなるべくその人にとって不要だと感じられないモノを贈るように心がけています。

ミニマリストのモノを選ぶ基準

ミニマリストだからと言ってモノを買わないわけではありません。けれどミニマリストに生活をシフトするようになってからというもの買い物のハードルは高くなり、自然と物欲は無くなりました。

それは一生使えるモノ?

私がミニマリストを目指したのは、「大好きなモノに囲まれて生活したい」から。という理由が一つ挙げられます。

つまりモノを買う時は「これを一生に身に着けていきたいか。/ 一生使いたいか。」なんてことを考えるようにしています。大げさに聞こえるかもしれませんが。

Spark Joy

コンマリさんの言葉を借りて、モノに対して“ときめく”かどうか。「きゅんっ」とするかどうかということはモノ選びの重要なポイント。

自分がときめくモノってとても大切にします。洋服であれば、洗濯方法やたたみ方など丁寧にしたり、靴やアクセサリーを定期的に磨いたり。値段に関係なしに大切に使用されているモノって長持ちしますよね。

エコロジーか

これはすべてのミニマリストの方に共通するとは限らないかもしれませんが、エコかどうかということも私の中で重要なポイントです。自分にとっても、他人にとっても、動物にとっても、地球にとっても、つまり環境全体にとって良いモノかどうかというのはモノ選びの大前提としておいています。

例えば、食材選びは私たちにも地球にも害の少ないオーガニックで育てているモノをなるべく選ぶようにする。化粧品はアニマルテストをしていないモノを選ぶようにする。など。

ミニマリストへの贈り物の選び方

ミニマリストのモノの選び方が分かると更に贈り物のハードルが高くなるかもしれません。実際、私がモノを贈る側の場合どんな贈り物をしているかをご紹介します。

ギフト券

ミニマリストの友人(ママ友)と、「子どものモノが増えるよね。自分たちでは買ってないのに」という話になりました。子どもがいると否応無しに、モノは増えます。私たち親が購入しなくても、おじいちゃんやおばあちゃんなど普段会えない孫に大量にモノを買い与えるというご家庭は多いですよね。

「もうさ現金でいいよね!笑」

確かにそうなんです。我が家のEmmaは3歳になる前の最近になって、あれが欲しいとかこれが欲しいとか言うようになってきましたが、実際はまだそんなに欲しがってないんです。

街なかで、キャラクターのリュックを背負っていた女の子を見かけて「I want that!」なんて言うこともありますが、3日もすれば忘れます。最近は自転車が欲しいやら指輪が欲しいやら、ラッパが欲しいやら、毎日コロコロ変わりますが、まだ本当に欲しいものではないようです。

家族ならまだしも、さすがにお友達に現金を渡すのはちょっと違いますよね。そこで役立つのがギフト券。ギフト券であれば、受け取り側にとって本当に欲しいモノを贈られることができます。

おすすめはアマゾンギフト券。世界最大級とも言えるインターネット通販サイトを利用したことのある方は多いかもしません。アマゾンでは書籍からCD、食料品、日用品、ベビーグッズ…何でも揃います。

残らないモノ

食事をご馳走する、お菓子、フルーツ、なるべく残らないモノもまたミニマリストにとっては喜ばれるかもしれません。

例えば、旅のお土産でキーホルダーやTシャツを贈る方。贈られる方が絶対に気に入る(ときめく)モノだと自信があればいいのですが、中々そうはいかないのが大抵の場合。

ドライフラワー ブーケ 花束 スワッグ ドライスワッグ ユーカリ インテリア 壁掛け 壁飾り オブジェ インテリアグリーン ハンギングインテリア ドライフラワー プリザーブドフラワー クリスマス リース ギフト プレゼント 花材 枝 ナチュラル グリーン

欲しいモノを聞く

「欲しいモノ何?」と聞いて、「あれ!」と答える方は、もしかしら少ないかもしれませんが…私たち夫婦は、お互いに贈り物をする際は、相手が欲しいモノを聞くようにしています。

相手が本当に欲しいモノであれば、モノを大切に使ってくれるというのも分かりよね。贈った側、贈られた側、贈ったモノも三者が嬉しい状態。

贈り物で気持ちを表現することの大切さ

記念日などに無頓着風な夫が忘れないようにと、私たち夫婦はバレンタインに入籍しました。蓋を開けてみれば、毎年ちゃんとお祝いをしてくれるのは夫の方ですが…

愛や感謝とかだけじゃ言い表せない気持ちを、モノを贈るという行動で表すことで相手を幸せにすることもあります。

ミニマリストはモノに対して嫌悪感を持っているのではなく、不必要なモノがたくさんあることに対して疑問を持っている人々だと私は思っています。もし、ミニマリストに贈り物をする際は、相手が喜ぶ贈り物を選んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です