食費を抑えるコツその① 冷蔵庫の整理整頓をしてお財布に地球にも優しくできちゃった #豊かな借金生活のためのシンプル節約術

借金1000万返済生活も板についてきた今日この頃。困難こそが生活を楽しく有意義にしてくれるのかな?とも思ったりもしています。

今回の #豊かな借金生活のためのシンプル節約術 は、食にまつわる暮らしとお金の話。

生きていく中で必要経費になってくる食費に関しては「節約しよう」とは思っていません

けれど少しの意識することで結果的に「節約できていた!」ということが多々あります。

その中身が、冷蔵庫の整え方献立の立て方買い物をするときに気をつけること食材の選び方など。

今回は、わたしが毎日意識している”冷蔵庫の整理整頓方法”についてご紹介したいと思います。

お金と食と、うまく向き合って健やかで豊かな暮らしが出来ますように。

この記事はこんな人におすすめ 
・節約中の人  
・楽しくお金を貯めたい人 
・シンプルライフやミニマルライフに興味のある人  
・お金の使い方を模索中の人 
・借金返済中の人

お金と食(健康)…両方とうまく付き合う

Photo by Charles Deluvio on Unsplash

食はケチらない

シリーズ第一回目の『節約中も心豊かになるためにわたしが心がけていること#豊かな借金生活のためのシンプル節約術』の中でお話した通り、わたしは節約中(借金返済中)であっても、食費を節約するということはしません

それは、”食べる”ということは私たちが健やかに幸せに生きていくための体を作る基本だから。

自分や家族にとって必要な食べ物を選ぶ必要があります。

また「あちらのスーパーのほうが安いから」と言って、わざわざ遠くのスーパーに買い物に行くこともしません。これは、簡単に『時は金なり』をモットーにしているから。

体が元気でなければ、仕事もできないし、人生も楽しくありません。また、病気になってしまえば、病院代がかかります。

だから、食費を節約するという考えを持つことはしていません。

食にまつわるお金の使い方を意識する

とは言え「高ければいい」「栄養価が高ければいい」ということを言っているわけではありません

わたしが食にまつわるお金の使い方で意識しているのは以下の4つのポイント。

  1. 冷蔵庫を整える
  2. 冷蔵庫の中にあるものから使って、家族と自分の体調に合った献立を考える
  3. お買い物メモを作る・支払いは現金 or デビットカード など買い物する時のルールを守る
  4. 食材の選び方

このルーティンがうまく回っていると、食(健康)ともお金ともうまく付き合いながら暮らせているなと感じます。

食にまつわるお金の使い方を実践その1: 冷蔵庫を整理整頓する

Photo by Ello on Unsplash

冷蔵庫の整理整頓が必要な理由

食にまつわる暮らしを整えるためには、まずは冷蔵庫が整理整頓されている状態を保つことが大切だと思っています。

なぜなら、冷蔵庫を整理することで、食材の買いすぎを防いでくれるから

話は反れますが、食材の買いすぎを防ぐことは環境問題の一つであるフーウェストを防ぐことにも繋がります。

つまりは、冷蔵庫をコンマリ(整理整頓)して、食材の無駄を減らすことからはじめよう!ということです。

冷蔵室を整え方

■冷蔵室は保存容器を利用して”見やすさ”を意識

●中身は7〜8割をキープ!
●保存容器を使って収納する
●保存容器のブランドを統一すると見やすさアップ!
●琺瑯やガラスの保存瓶が匂いが移らずおすすめ

冷蔵室は食品を保管するメインだと思います。献立を考える時、また買い物が必要か否かを考慮する上でも、見やすさが重要

冷蔵庫の中身は、家族構成または、お子さんがいるご家庭であれば男の子か女の子かによっても変わるとは思いますが、基本的に7−8割をキープすることをわたしは心がけています。そうすることによって、見やすさがアップ!

ぎゅーぎゅーに詰め込んだ冷蔵室は見えづらいので、食材を見落としがちになってしまいます。

見やすさをアップするために、おすすめなのが保存容器を上手に使って収納すること。琺瑯やガラスの保存瓶であれば匂いが移りづらいので長持ちするのでおすすめです。

保存容器は野田琺瑯がおすすめ

野田琺瑯 ホワイトシリーズ 保存容器 レクタングル深型 S・M・L 3サイズセット シール蓋付 

私は、保存容器はすべて野田琺瑯のホワイトシリーズで揃えています。

アーユルヴェーダカレーなどを保存しても匂い移り・色移りが全くないのがおすすめポイント。以前はプラスチック製のタッパーを使っていたこともあり洗ってもなかなか落ちない上に、頑固な油汚れに悩まされていました。

野田琺瑯はそのまま火にかけて温め直せるのも魅力的。

見た目もシンプルなので、冷蔵庫がスッキリ見えるようになります。

●ガラス容器はWECKがおすすめ

WECKガラスキャニスター

ドイツ生まれで100年近く愛され続けている苺がトレードマークのWECKのガラス保存瓶もおすすめ。

見た目がかわいいだけでなく、サイズも種類も豊富なのが嬉しい。

さらには、WECKのガラス瓶やパッキンは熱湯消毒ができるのもポイント。

わたしは、主にお砂糖やお塩など調味料スパイス類を入れたり手作りジャムを入れたり、乾燥豆の保存に使っています。お値段もお手頃なのも嬉しいポイント です。

■何をどこに収納するかを決める

冷蔵室に何をどこに収納するかも決めておくと便利。

特に賞味期限別に収納すると、フードウェスト防止になります。

一緒に住んでいる人も、お料理をするならなおさら、何がどこに収納されているか決めておくと、「〇〇どこにある?」と何度も聞かれることもなくなるのでイライラを未然に防げたりもします(笑)

●賞味期限が長いものは上段に
●毎日使うものは中段に
●賞味期限の短いものは下段に
●鍋をそのまま入れれるように一段開けておく

■仕切りを使って野菜室を整える

●紙袋収納

買ってきた野菜を放り込むだけではゴチャゴチャになってしまうので、野菜室も見やすいように収納するようにすると◎。

100円均一の仕切りを使っている方も多いですが、わたしは100均には行かないので(買いすぎてしまうので笑)紙袋収納をしています。

紙袋収納のメリットは、紙なので野菜の形に合わせて袋の形を変えられること! 無駄なスペースがなくなるので収納力も増します。また、汚れても手軽に取り替えられることもおすすめポイント。更には 野菜の冷やしすぎを防げるため鮮度を保てるのも嬉しい。

新聞紙やショップでもらった紙袋を利用して作れるので参考にしてみて下さいね。

●葉物野菜はお水につける

その他にも、葉物野菜などはお水につけて保存すると長持ちします。野菜室が上段と下段に分かれている方は、下段にカップなど深い容れ物に水を入れて保管すると◎。(我が家は野菜室が1段しかない冷蔵庫なので、冷蔵室に保管して早めに消費するようにしています)お水は毎日変えるようにして下さいね。

●半分に切った野菜は竹製キッチンペーパー+ミツロウラップ or 保存容器使用

また野菜を半分に切った状態で保存する場合は、傷みやすいヘタと種を取り除いてから切り口をキッチンペーパーで覆い、ミツロウラップで包んでから野菜室で保存。

輪切りなど細かく切ったものについては、軽く湿らせたキッチンペーパーを敷いたフタ付きの保存容器に入れて野菜室で保存しています。

SuperBee Beeswax Wraps 

ミツロウラップは、洗って何度も使えてゴミが出ない · 抗菌・防腐作用があって安心 · 野菜の鮮度・美味しさを長持ちさせてくれます。

竹キッチンタオル 1ロール20(サイズ28cm x 28cm)

キッチンペーパーは竹製のものがおすすめ。丈夫な上、繰り返し使うこともできて経済的にも環境的にもエコなのでおすすめ。

●野菜ひとつひとつが見えるように収納する
●紙袋収納がおすすめ
●葉物は袋に少し水を貯めて、カップなどに立てて保存
●半分に切った状態の野菜はキッチンペーパーで覆いミツロウラップ or フタ付きの保存容器に入れて保存

冷凍室の整理整頓は…?

我が家では冷凍室をほとんど使用していないので整理整頓する必要性がなく特別に意識していませんが、冷凍室も冷蔵室と同様に”見やすさ”が最も重要ではないでしょうか。

仕切りを使って間仕切りすると便利でおすすめです。

冷凍庫の中は気が付くと汚れがついていることが多いので、収納用品を使って冷凍庫が汚れにくくなり掃除の手間も省けます。

●仕切りを使うとスッキリ
●肉・魚・冷凍食品・主食で仕分けすると見やすい

無印良品 スチロール仕切りスタンド

冷蔵庫を整理整頓すればお財布にも地球にも優しい暮らしができる

Photo by The Creative Exchange on Unsplash

食材の無駄がないように工夫するためには、まずは冷蔵庫の中にあるものをしっかりと使うことが大切。

そのために、普段から冷蔵庫の中身を簡単に把握するために、冷蔵庫は”見やすさ”を意識してみて下さい。

結果的に、食費だけでなく、地球にとっても優しい選択ができるようになります!サステナブルな暮らしが実現できちゃうわけですね。

暮らしの中の食はとても大切なもの。美味しく食べて、健康に過ごすために冷蔵庫をコンマリしてみてはいかがでしょうか。

理想のライフプランを叶える女性専用マネースクール【SHEmoney】

ABOUTこの記事をかいた人

シンガポール在住8年のライター/Webクリエイター/ヨガインストラクター(全米ヨガアライアンスRYT200保持)。4歳の娘 Emmaと夫と3人暮らし。Webを中心に、ファッション、ビューティー、ライフスタイル、旅行など幅広いジャンルに関する情報を発信。現在はWEBクリエイターとしてWEBサイトを運営、取材、執筆活動を行う傍ら、RYT200を活かしシンガポールを中心にヨガインストラクターとしても活動中。