最新情報はInstgaramをチェック!

シンガポールで楽しめる『ごはん』

わたし達の生活に欠かすことのできない『ごはんを食べる』という習慣。

旅先でも、もちろん重要なアクティビティの一つ。むしろ『ごはんを食べる』ということが旅の目的だったりもする。

人種のるつぼシンガポールで食べられるごはんは、多種多様。中華系、マレー系、インド系と様々な人種の国民がいて、それに加えて世界中の人々がビジネスをしてる国。日本人もいればオーストリア人、イギリス人に

モダンニョニャ料理『PO RESTAURANT (ポ レストラン』

シンガポールのホテルの中でも群を抜いてオシャレな『The Warehouse Hotel (ウェアハウス ホテ ル /以下 Warehouse Hotel)』。ヨーロッパで人気のDesign hotel (デザイン ホテル)系列のホテルで、シンガポールのインフルエンサーがステイケーションする先として人気なホテルでもある。

そんなWarehouse Hotel内にある『PO RESTAURANT (ポー レストラン / 以下 PO)』では、モダンにアレンジされたニョニャ料理が楽しめる。

ニョニャ料理とは⁇

ニョニャ料理はマレーシアとシンガポールのニョニャ(Nyonya, 娘惹 – 海峡中国人)やプラナカン (Peranakan – 中国系の混血、マレー人起源)の人々の手によって発展してきた。主に中国料理の食材を用いるが、ココナッツミルク、レモングラス、ウコン、パンダナスの葉、トウガラシ、サンバルなどの東南のアジアのスパイスをブレンドする。それは中国料理とマレー料理の混合であるとみなすことができる。

引用元: Weblio辞書

つまり、シンガポール料理とマレー料理が混ざった料理。中華っぽいけれど、南国っぽいココナッツミルクやレモングラス、ウコンなどのハーブやスパイスをふんだんに使っている料理。シンガポールで食べれる料理は、色々な国籍が混ざりあったるつぼ。『ごはん』からもこの国の特性が見られるのは楽しいポイントだ。

シンガポールで食べるローカル料理は、化学調味料を使わず、お出汁を一からとっているのも特徴的。(安くて美味しいの代名詞・ホーカーフードもそうだから驚き。)もちろんPOも例外ではない。丁寧に作られた伝統的な料理にモダンなエッセンスが楽しい料理の数々を堪能できるだ。

最近の海外セレブリティの間では、発ガン性物質が含まれるとされる乳製品を摂らない。代わりに植物性ミルク(ココナッツミルクなど)を摂る、肉類の消費は抑えてベジタリアンやヴィーガンといったいったグルメのトレンドはヘルスコンシャス一直線。宗教的観点から、ベジタリアンやヴィーガンの多いということもあり、POでもベジタリアンやヴィーガン向けのメニューも揃っている。

POで、マストトライなメニューは『ポピア』というB級グルメ!『ポピア』は、プラナカンの女性たちが作った伝統なニョニャ料理。卵と小麦粉でできた薄い皮に具を入れて巻いた見た目は春巻きのようなごはん。POのポピアは、モダンにアレンジされているのが特徴的。飲茶のように皮と具材が別々に。自分でカスタマイズしながら頂くスタイル。色とりどりで華やかな見た目で食べるだけでなく視覚からも楽しめるヒトサラ!

その他に、シンガポールの中華で定番のカイラン(英語名:Kai lan)もモダンにアレンジ。タイレストランなどで人気の空芯菜に似たカイランは、シンガポールなどの東南アジアや、オーストラリアなどではとてもポピュラーな中華野菜。ホーカーやチキンライス屋、チリクラブ屋などシンガポールでは様々な場所で食べることができる。が、POのカイランは格別美味しい!もちろんどこのカイランも美味しいは美味しいのだけれど、通常オイスターソースを絡めただけのシンプルな炒めもののカイランに程よい甘みとフライドガーリックがアクセントになっているのが面白い!

Po (The Warehouse Hotel内)
住所 : 320 Havelock Road, Robertson Quay, S169628
営業時間 : Breakfast: 7am-10.30am
Lunch: 12pm-2.30pm
Dinner: 6pm-10pm

HP:  http://www.po.com.sg/

サードウェーブコーヒーなら『Chye Seng Huat Hardware (チャイ セン フアット ハードウェア)』

地下鉄MRTのLavender(ラベンダー)駅。観光でシンガポールに訪れているのであれば9割型用事のない駅。けれどコーヒー好きなら絶対に行きたいお店『Chye Seng Huat Hardware (チャイ セン フアット ハードウェア / 以下 CSHH)』がある。

Lavender駅からは徒歩15分。お世辞にも近いなんて言えない場所。お店へ向かう通り沿いには、地元民の住む公共団地(HDB)とってもローカル感のあるハードウェアハウスなどが立ち並ぶエリア。

「本当に大丈夫?」そんな風に思ってしまうけれど、CSHHの並ぶ通りに出れば驚くかもしれない。そこはカフェ激戦区。日本でも人気だったティラミスヒーローの本店や、漢方薬局だったお店をリノベしたオシャレなカフェまで立ち並ぶ通りに出る。

CSHHで人気なのはサードウェーブコーヒー。休みの日ともなれば遠くからわざわざコーヒーを飲みにシンガポールのローカルの人々が足を運ぶ。ファーストウェーブのアメリカンコーヒー、セカンドウェーブのシアトルコーヒー(スタバなどが流行らせたモカやラテ、マキアートなど)、そして、ブティックコーヒーのサードウェーブコーヒ。大量生産ではなく、丁寧に焙煎され抽出されたコーヒー。CSHHのコーヒーは、強めで濃いのた特徴。シンガポールの『PAPA PALHETA(パパ パルヘタ)』というブランドの豆を使用。

コーヒー以外のカフェメニューも充実!ブランチにもオススメ。

Chye Seng Huat Hardware

住所 : 150 Tyrwhitt Rd, Singapore 207563
営業時間 : (Mon-Thus, Sun) 9:00am-10:00pm (Fri-Sat) 9:00am-12:00am

HP: http://www.cshhcoffee.com/

本格高級BBQのお店

シンガポールを始め、世界各国で流行っているのが本格高級BBQ!スペイン発祥のスタイルで、炭火焼きグリルのこと。ステーキ、野菜、パン全てを炭火焼きで調理。炭火焼きでグリルすることで、スモークの良い香りを楽しめたり、調理温度が高いため中身が乾かず、料理が冷めても最後まで美味しく頂くことができるのが特徴的。

世界で初めて炭火焼きレストランをオープンさせたのが、スペインにある『Asador Etxebarri (アサドール・エチェベリ)』というお店。今やヨーロッパや、オーストラリア、シンガポールを始めとするアジアでもこのジャンルのレストランは大流行中。その1一つが、観光地で人気のエリアKatong (カトン)にある『Fire Bake (ファイヤー ベイク)』

週末ともなれば、ブレックファーストから予約でパンパンの地元では超がつくほどの人気店。週末利用は予約は必須!カトン散策は、できれば朝の早い時間がオススメなので、朝ごはんはとらないで散策が終わった10時過ぎの暑くなる時間帯にFire Bakeでブランチをするのがオススメ。海外で人気のターメリックラテなども頂け、変わり種のメニューも楽しめる。

日本では、まだこうした炭焼グリルを楽しめるお店はないに等しいため、シンガポールに来て世界のグルメトレンドを感じたいなら、気軽に訪れることができるFire Bakeがオススメ。

Fire Bake

住所: 237 E Coast Rd, 428930

営業時間:  8:30am-10:00pm (月曜定休日)

HP: https://www.facebook.com/firebakesg/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です