1週間100ドルチャレンジはお財布にも環境にも優しかった

先月から、我が家では食費を1週間100ドル(日本円で約8,000円)に収めるというチャレンジを始めました。もともと、1ヶ月単位での食費の予算立てはしていましたが、特に家計簿などをつけてもいないのでオーバーすることも度々…夫の意思には反して私の完全なる思いつきで始めたチャレンジ。1ヶ月間600ドルで食費予算をとっていましたが、普通に400ドルで押さえることに成功しました。

お金の使いすぎを防止することはもちろんですが、少なからず環境にも貢献できていると実感できています。

予算内に押さえるための工夫とそこから見えるメリット

毎週末冷蔵庫のチェックから翌週に備える

毎週末、キッチンに立つのは夫の我が家。夫は高めの食材を使った料理をすることが多いため、土日の予算は50ドル、月曜〜金曜までの5日間で50ドルで1週間100ドルと設定しています。

フードロスを防ぐために、毎週末冷蔵庫に夫が残した冷蔵庫の中身からチェックし、月曜日〜水曜日までの献立を考えます。木曜日と金曜日は、週の前半に買い足した食材の残りと合わせながら献立を考えていきます。

冷蔵庫の中の余り物を優先的に使いきるので、食材を無駄にすることもなく、また余計な出費を防ぐことに繋がりました。

毎日買い物に行かない

食材の買い物へは、大体週2回。多くて週3回。毎日買い物に行っていた時は、”つい”「あれも!これも!」と買い物かごをいっぱいにしていたことも。買う予定でなかったものが、買い物かごに入って無駄な出費が重なっていました。

献立を決めてまとめて買い物をするので、買うものは決まっています。買い物リスト以外のものはスルー。まとめて買うので、それ以外のものを買うと荷物が増えて重くなります(笑)

毎日買い物に行かないことは、その分の時間を運動にあてたり、本を読んだり、仕事をしたり、有効に使えるようになったと思います。

バラ売りの野菜やフルーツを購入

大容量のもの、また「1 buy get 1 free(1個買ったら1個無料でつく)」など、以前はお得なもの買いがちでしたが、100ドルチャレンジを始めてからは食材はバラで買うことの方が多くなりました。(毎日使う食材、持ちのよい食材は除いて。)スーパーで買い物をする際も、バラ売りのものは包装フリー。無駄な資源の利用は必要とされません。

またオーガニックのものは内容量は少ないですが、グラム数に応じた値付けなので、少ない分には出費が重なりません。小さい子どももいるので、なるべく食材は安全なものを選ぶように心がけたいなと思っています。オーガニック食材を選ぶことは、森林伐採や大気汚染の広がりを防ぐことにも繋がります。

毎日使うものや持ちの良い食材は心配いりませんが、登場頻度が少ない食材は、だめになりやすく、フードロスにも繋がります。我が家は3人家族なので、娘もまだ3歳。(3歳にしてはよく食べる方ですが…)

割高でもバラで食材は購入した方が、結果として節約にもなり、環境にも優しい。

地産地消

私は生まれも育ちも日本。心の底から日本人だし、日本食、日本の食材が世界で一番と美味しいと思っています。私の住むシンガポールでは、日系スーパーマーケットもたくさんありますし、日本の食材を扱うコーナーを持つ地元のスーパーもたくさんあります。

ただやはり高いです。2倍から3倍するのは当たり前。また、空輸されてきてるので、鮮度も落ちます。毎回日本に戻って、日本の食材を口にする度、「やっぱり日本のものは日本で食べるのが一番美味しいんだな。」と実感します。

地元でとれたものを消費することは、輸入品に比べて断然安価で押さえられます。また空輸される際のCO2排出のことを考えても、良い選択だと思っています。

最近は地元でとれた食材の一番美味しい食べ方を見つけるために、シンガポールやマレー、インドネシア料理などにも挑戦するなど料理のレパートリーを広げるようにもしています。

おやつは手作りに

最近の夫の週末の楽しみの一つが娘とおやつを作ること。クッキーやケーキを一緒に作っています。(私ではなく夫が)

手作りおやつは自分で砂糖の量を調整できたり、保存料を入れることもないので身体への負担が少ないこと、包装フリーでもあります。

要らないものは買わない

限られた予算内で押さえるためには、余計なものは買いません。本当に必要なものだけを選定するようになったことは、食材の買い物以外にも日用品や自分の買い物をする際にも役立っています。

お得だから、安いからというのではなく、「身体に良いからこれを選びたい」、「長く使えるからこれをこれを買う」など。エシカル(道徳的)消費を更に実行できるようになったと思います。

冷蔵庫の中をシンプルに

100ドルチャレンジのおかげで光熱費がグンと下がりました。それもこれも冷蔵庫の中に無駄なものが入っていないから。無駄なエネルギーの消費を防ぐことにも成功。

100ドルチャレンジのここが大変

お米や調味料などが切れた場合

冷蔵庫に必ずあるものが切れた場合は結構困ります。しかも同じタイミングで切らしたりします。お米とお味噌、醤油が同時になくなった時には、一気に30ドル近くなくなります。

今の所その場合は土日の予算は減らして、調整するように協力してもらっていますが、なにか良い解決策がある方は是非教えてください!(笑)

娘が「あれが食べたい!」と言った時

1ヶ月に1回ほど娘がいきなり「コーンフレークが食べたい」と言います。コーンフレークって、シンガポールだと800円くらいするんです(泣)オーガニックのコーンフレークを選んでいるからですが。それが、上記のようなお米や調味料などが切れた時と重なったら、もう大変。800円って別に大した金額でもないし、全くもって贅沢を言っているわけでもないので、「いいよ〜」と買いますが、その時はもう他で切り詰めるしかありません。

これからの目標

現在は、スーパーマーケットや市場で食材を購入していますが、今年からは少しずつ自給自足生活に切り替えていけるように準備を始めたいと思っています。

まずは、小さな家庭菜園から始める予定。オーガニック栽培で身体や環境への負担を減らすことや自分で食べるものは生きている命をもらうということを子育ての中で教えていきたいという思いから。

チャレンジを楽しむことが続けるコツ

3人家族で1週間100ドル。「日本円で8,000円…って節約なの?」そう疑問に思う方もいるかもしれません。シンガポールは東南アジアではありますが、物価の高い国として世界的に有名。Forbsの世界の物価の高い都市ランキングには毎年のように常連となっています。何が言いたいかと言うと、つまりは8,000円はギリギリです。

主人にとって休みの日のキッチンは、自分のストレス発散の場所でもあるため、予算を決めてその中で料理をしてもらうというのは逆にストレスになるのかな?とも思いました。

実際チャレンジしてみたら、「工夫次第で何でもできるんだな」と思ったと言ってもらえ、続けていくことに。

節約を目的としていましたが、結果的に環境にも優しかった100ドルチャレンジ。結局の所、善い行いといのは周りにも善いことをもたらしてくれるのかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

シンガポール在住8年のライター/Webクリエイター/ヨガインストラクター(全米ヨガアライアンスRYT200保持)。3歳の娘 Emmaと夫と3人暮らし。Webを中心に、ファッション、ビューティー、ライフスタイル、旅行など幅広いジャンルに関する情報を発信。現在はWEBクリエイターとしてWEBサイトを運営、取材、執筆活動を行う傍ら、RYT200(Registry ID: 301558)を活かしシンガポールを中心にヨガインストラクターとしても活動中。